スタッフブログ

フグ!フグ!

遅ればせながら、春休みも終わって新学期・新年度が始まりましたね!
私も、新一年生、新社会人のみなさまのように元気いっぱい・気持ちも新たに行ってみたいと思います(*’ω’*)

フグ

さてさて、今日ご紹介するのはこちら♪
……フグです!
かつうら御苑の裏の海でお客様が釣られたのを撮らせていただきました。
釣れなかったら、この日のお客様のお夕食が用意できないところだったのでよかったです。
運のいいお客様だと、本マグロを釣っちゃうんですけどねえ。



すみません嘘です(;´Д`)ノ
何も釣れなくても大丈夫です。
あっ、裏の海でお客様が釣ったフグなのは本当です(*’ω’*)
けっこう大きかったので、サイズがわかるようにボールペンを一緒に写してみました。
この後、スタッフが美味しくいただきました、じゃない、海に返しました。

だんだん暖かくなってきて、海辺の散歩や釣りも気持ちよく楽しめる気候になってきました。
フロントでは、有料で釣竿の貸し出しもしております。
興味のある方は、お気軽にお声がけくださいませ。

今年もブルービーチ那智にきます!世界最大級のエアースライダー

エアースライダー

「日本の快水浴場100選」にも選ばれている、県下最大の海水浴場『ブルービーチ那智」。
かつうら御苑からはお車で3分程度にございます。
そんな『ブルービーチ那智』に、昨年大好評だったエアースライダーがやってきます!
海水浴だけでなく、迫力満点のスライダーを楽しめる1日をぜひ堪能してください(*’ω’*)

◆設置期間:2016年8月1日(月)~8月15日(月)
◆利用時間:午前9時30分~午後4時まで
◆利用料金:1日すべり放題500円
※天候等の状況により利用できない場合があります。
※有料駐車場をご利用の方は、1名様無料
※小学生以下専用の無料エアースライダーもあわせて設置します。
 (こちらは身長100cmから利用可)

ピンピン貝

最近、当日限定でお出ししている別注料理に「ピンピン貝」なるメニューがあります。
収穫や水揚げの関係で、常に数を確保できる訳ではないけど、たまたま今回は仕入れできた……といった食材のひとつですね。

当館では毎日各部署のスタッフが顔を合わせて、お客様の情報の伝達などしてまして、当日の別注メニューもそのときに調理長から報告されるのですが……

調理長「今日の別注はピンピン貝が……」
スタッフ1「ピンピン貝って正式名称は何なんですか?」
スタッフ2「お客様にもピンピン貝で通じるの?」
調理長「ピンピン貝です(きっぱり」



正式名称は「マガキ貝」だそうです(´・ω・`)
以下、説明になります。

『ピンピン貝』はソデボラ科の巻貝の一種「マガキ貝(マガキガイ)」の、主に和歌山県や三重県などでの呼び名。
沿岸部の家庭や、飲み屋、居酒屋、旅館、郷土料理店、食堂などで、酒のおつまみやおかずとして出される。
三日月形をした蓋の先端部にギザギザのノコギリ型の爪があり、捕獲した時にそれをピンピンと振り回すようにする様子から、ピンピン貝とよばれるようになったともいう。

ピンピン貝

正式名称の「マガキ貝」は、『まがき(籬)=竹などで、目を粗く編んだ垣根のこと』に、表面の模様や色が似ていることからつけられたそうです。
当館では、煮付けにしてお出ししています。
1人前7個で1000円(税別)となっております。
よろしければお召し上がり下さい(*´ω`*)

4月のキャンペーン♪別注料理10%オフ!

4月のキャンペーンのご案内です(*’ω’*)
かつうら御苑のHPからのご予約限定で、別注料理を通常価格の10%オフでご提供しています♪
勝浦ならではの定番・生まぐろのトロから、まぐろの胃袋などの珍味まで、海の幸をベースに取りそろえております!
ご宿泊の際はぜひご賞味ください(*’ω’*)

4月別注料理

▼ご予約はこちらから(宿泊予約の画面で別注料理も追加できます)
http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/katuuragyoen

防災のお話

今日お昼前に地震が揺りました。
和歌山県は震度4と発表されましたが、那智勝浦町では震度3が記録されました。
震源は三重県南東沖、マグニチュードは6・1だったそうです。

幸い津波もなく、ちょうどお客様のいらっしゃらない時間帯だったこともあって、従業員同士で「びっくりしたね~」と話しただけで済みました。
皆様のお住まいの場所は大丈夫でしたか?

南海トラフ地震が近いうちに起こると言い聞かされながら結構な年月が過ぎていますが……
阪神大震災、東日本大震災を経て、耐震や津波対策に関する質問をいただくことも増えました。
旅行中、勝手の分からないところで災害にあうと、心細さも倍増ですよね。
特に当館は海の傍ということもあり、津波を気にされる方もいらっしゃると思います。

先日防災訓練で教わったのですが、地震発生後に津波が発生するとしたら、地理的に『地震発生後10分程度』で津波が押し寄せてくるそうです。
この場合は外に出るよりも、上の階(7階まで昇れば、まず大丈夫とのことです)に避難したほうが安全とのこと。
防災訓練時に1階から7階まで駆け登ったときは、一番遅い人で2分30秒ぐらいかかっていたそうです。

実際に地震が起きれば、まずはお客様にお声をかけて避難誘導して……となりますが、ある程度余裕を持って行動しても大丈夫ですよ、と消防署の方が仰ってました。
地震が起こらないのが一番ではありますが、非常時に備えて準備は大切ですよね。
私たちスタッフも、いつでも冷静にお客様を誘導できるよう、気を引き締めて行きたいと思います。

【館内探検017】電気自動車の充電器あります!

電気自動車充電器

今日は館内探検シリーズいきたいと思います!
以前からあるものなのですが、意外と知らない方も多い……これ、電気自動車の充電器です♪
当館前の駐車場にあります。(通常速度の充電器になります)

当館以外では、町内ではJR那智駅そばの「丹敷の湯」前にも充電器がありますが、この辺本当に電気自動車の充電器ないんですよね。
自分は電気自動車に乗らないのであまり気にしてないのですが、ご利用されてる方は不便だろうなと思います。
お泊りのお客様はどうぞ駐車場でご利用くださいませ(*’ω’*)

2017年度用カレンダーフォトコンテストのご案内

今日は昨日に引き続き、募集もののご案内をしようと思います。
毎年観光協会さまが販売されている、那智勝浦町カレンダーのコンテストです(*’ω’*)
カレンダーに採用された方には賞金も!

ちなみに各月で撮影テーマが決まっておりまして
◆表紙(縦)…那智の滝、大門坂、熊野古道など
◆1・2月(横)…那智勝浦町の日の出
◆3・4月(横)…那智山の桜、春らしい名所の風景
◆5・6月(横)…大門坂、熊野古道
◆7・8月(横)…那智大社扇祭り(※那智の火祭りのことです)
◆9・10月(横)…あげいん熊野詣、秋の那智山風景
◆11・12月(横)…魚市場まぐろ
……となっております。

気になる賞金は
表紙賞1点、各期間賞6点、それぞれ3万円となっております。
応募締め切りは平成28年8月31日(消印有効)
お問い合わせは観光協会様にお願いします。(電話:0735-52-5311)

詳細はこちらをご覧下さい♪(那智勝浦観光協会様のサイトに飛びます/PDFファイルです)
http://www.nachikan.jp/index.php/download_file/view/686/1/

四季折々の勝浦の風景を楽しんでいただけますよう、みなさまの素敵な作品をお待ちしております(*´ω`*)

第23回まぐろ祭りのチラシの原画募集中

だんだん暖かくなってきて、山歩きにもいい気候になってきましたね(*’ω’*)
本日は、来年の「第23回まぐろ祭り」のチラシの原画募集のご案内をご紹介したいと思います。
以下、観光協会様の募集要項になります。

あなたのアイデアでまぐろ祭りをPRしてください!!
那智勝勝浦町「まぐろ祭り実行委員会」では、2017年1月28日に開催する「第23回まぐろ祭り」のチラシの原画を下記の通り募集しています。
全国の方がまぐろ祭りに訪れたくなるアイデアで、どんどんご応募下さい。
 
(1)募集期間 平成28年6月1日より9月30日(必着)まで
 
(2)応募規定
 ※A4のコピー用紙のサイズで応募(折り曲げない)
 ※必ず「第23回まぐろ祭り」の文字を入れる
 ※写真、水彩画、色鉛筆画等形式は問いません。
 ※お一人2点まで応募可能。
 ※応募作品の裏に郵便番号・住所・氏名(ふりがなも)・年齢・電話番号を書いた用紙を必ず貼り付け、封筒に入れた状態でお送りください。
 
(3)選考について 10月初旬に選考会を行い下記の賞を決定します。
 ※優秀賞(1点) 賞状、生まぐろ1本
 ※実行委員長賞(1点)賞状、生まぐろブロック(3キロ)
 ※佳作(3点) 賞状、生まぐろブロック(2キロ))
各賞の発表は決定次第、当観光協会ホームページ、新聞等で行い当選者には事務局より直接ご連絡いたします。
景品は結果発表後、事務局よりお送りします。
 
★優秀賞の作品は10月中にチラシ制作させて頂き、1万枚印刷し全国に配布いたします。
★応募作品の使用権はまぐろ祭り実行委員会に帰属となります。
★応募作品は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。
★応募全作品を縮小コピーしまぐろ祭り当日会場に展示する予定です。
 
 
(参考事項)
まぐろ祭り主な内容(例年)
・一頭造り 生まぐろ1本を地元調理師会が観衆の目の前でさばき刺身にし、無料で振舞います。
・まぐろ汁 まぐろの型をしたまぐろ鍋でまぐろのつみれ団子が入った味噌汁状の汁を約2500人分作り、無料で振舞います。
・生まぐろ即売 魚商組合による生まぐろの即売。ブロックの状態でキハダ、メバチ、ビンチョウの3種類で販売。
 
【お問合せ先及びお送り先】
〒649-5335 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地6-1-1
那智勝浦町観光協会「まぐろ祭り実行委員会事務局」宛
電話:0735-52-5311 / Fax:0735-52-0131

※詳細はこちらをご覧くださいませ(智勝浦観光協会様のサイトに飛びます)
http://www.nachikan.jp/index.php/download_file/view/687/1/
まぐろ祭りのPRのため、みなさまの力作をお待ちしております♪

円満地公園オートキャンプ場・桜祭り

つい先日センバツ高校野球が開幕したと思ったら、今日はプロ野球開幕ヽ( ´▽`)ノ
どんどん活動的ない催しが始まりますね。

さてさて、本日はイベントのご案内です。
明後日3月27日、町内色川地区の円満地公園オートキャンプ場で桜祭りが開催されます♪
桜祭りとはいうものの……一昨日、円満地公園の前を散歩しましたが、そのときはまだ桜は咲いてませんでした。
とはいえ、みなさんきっと目当てはイベントのはず!
気になるイベント内容はこちら↓

●ふるまいコーナー
ぜんざい・色川茶・棚田米おにぎりなどのふるまい。
(無料/なくなり次第終了となります)
 
●ジビエラーメンコーナー
色川で獲れた猪骨スープのラーメン。
(無料/なくなり次第終了となります)
 
●フリーマーケットコーナー
わすれもの市、青空市(色川産品、不用品市など)の開催。
※売上の一部は、常総市鬼怒川水害義援金として寄付されます。

おすすめはやっぱりジビエラーメンでしょうか。
なかなかついでに行ける場所ではないのですが、行く機会があればぜひどうぞ(*’ω’*)

◆◆◆円満地公園オートキャンプ場・桜祭り
開催日:平成28年3月27日(日)10時~
開催場所:円満地公園オートキャンプ場
かつうら御苑からの所要時間:約45分

【ご近所探検006】モチーフはまさかの○○○!?

日に日に暖かくなってきましたね~(*´ω`*)
冬は晴れてさえいれば、客室から那智の滝が見えたのですが、最近は霞がかかってよく見えない日も。
これが春霞? それとも黄砂? まさかの花粉!?
いやいや、PM2.5……?(|||´Д`)

考えただけで鼻がムズムズしてきそうなので、話題を変えましょうか……(´・ω・`)
気分を変えて、今日ご紹介するのはこちらです♪
私が個人的に大好きな、ケーキ店「an寿an」さんで販売されてたコレ!(写真撮影の許可を頂いてます)

SHIBIKO

赤地&ピンク地に白の斜めストライプが鮮やかな風呂敷とハンカチ。
那智勝浦町発の雑貨ブランド「SHIBIKO」というそうです。
「SHIBIKO」……シビコ? あれ?(;´Д`)

SHIBIKO

そう、この斜め模様、マグロの切り身がモチーフになってるんです。
まさかのマグロの切り身柄!
いやでも、サン○オにもきりみちゃんとかいるし、普通なのかな……?

ちなみに「シビコ」とはまぐろの子ども(まぐろの卵のことも)です。
この辺ではまぐろのことを「シビ」というので、タラコ的な呼び方で「シビコ」なんですね。
隅にはブランドロゴとマグロのシルエットが入っていますが、ばれなければ普通のハンカチとしても使えそうです。

SHIBIKO

SHIBIKOブランドを置いてある「an寿an」さんは、紀伊勝浦駅から徒歩2分程度、紀陽銀行さんの向かい側にあります。
みなさまも一枚いかがでしょうか?(*´ω`*)