スタッフブログ

特急くろしお内の避難ガイド

お仕事で大阪に行ってきました!
あ、暑かった……(´д`|||)
予想はしていましたが、都会はアスファルトの照り返しや人の熱気で格別の暑さですね。
たまに都会に行くと、改めて南紀の気候は過ごしやすいなあと実感します。
(冬は暖かく夏は涼しい土地で生きているので、地元民は暑さ寒さに耐性がありません)

久々に特急くろしおを利用したところ、座席に避難ガイドが設置されていました。
なんと説明イラストがパンダです!(英語・中国語・ハングルにも対応しています)

かわいいー!(*´ω`*)
乗車時間は長いですが、南紀勝浦へは京都・新大阪・天王寺からは特急くろしお一本の乗り換えなしでお越しいただけます。
きのくに線は海沿いで景観もいいので、楽しみながら来られるんじゃないかなーと思います。

(記事とは関係ない大阪の話)
ちょっと時間に余裕があったので、あべのハルカス美術館でピカソ展見てきました!
子供のころ描いたデッサンとか、かなり衝撃でした。(レベルが高すぎて)
写真は空中庭園からの風景です(*´ω`*)

近辺の海水浴場2◆玉の浦海水浴場

週末は晴れ間が続くそうで、お出かけ日和みたいですね。
本日も昨日に引き続き、近辺の海水浴場をご紹介いたします。
第2回はこちら!「玉の浦海水浴場(たまのうらかいすいよくじょう)」です!
メジャー度で行けば、今回は太地町の「くじら浜海水浴場」なのですが、玉の浦が個人的に好きなので……(*´ω`*)

玉之浦海水浴場

※写真は那智勝浦町役場公式サイトからお借りしました
地元での通称は「粉白(このしろ)の浜」「下里の浜」など……(*’ω’*)
ブルービーチと違って、海の家などの観光向け施設は一切ないのですが、ここのいいところは、とにかく遠浅!
(逆に言えば、すぐ泳ぎたい方にとってはなかなか泳げる深さのところに行けないという……)

快水浴場100選・特選のブルービーチと比べても、水や砂の美しさは遜色ありません。
海の家などがない分、静かですし、水の綺麗な遠浅の浜は、特に小さなお子様連れの方にお勧めです(*’ω’*)
私も子供のころは家族でよく行きました!
近辺にはお店がありませんので、お飲物などは事前にご用意なさってください。
また、海水浴場内でのキャンプ及びバーベキューは禁止ですのでご注意くださいませ。

◇名称:玉の浦海水浴場
◇場所:那智勝浦町内下里(JR下里駅から徒歩15分/バス停「粉白」すぐ前)
◇かつうら御苑からの所要時間:お車で15~20分
◇海開き…7月15日(金)(遊泳期間は8月14日まで)
◇無料の設備…シャワー(冷水のみ)・トイレ・更衣室
◇有料の設備…駐車場(500円)
◇お問い合わせ先…那智勝浦町観光協会(電話 0735-52-5311)

★おすすめポイント★
※とにかく遠浅!
※すぐ近くには日本一短い川「ぶつぶつ川」があります

近辺の海水浴場1◆ブルービーチ那智

いよいよ7月も間近ですね。
南紀勝浦といえば世界遺産・熊野古道や温泉、まぐろなど色々ありますが、夏はやっぱり海水浴ではないでしょうか(*´ω`*)
ということで、海水浴シーズンに向けて、近辺の海水浴場をご紹介していこうと思います。

ブルービーチ那智

第一回にご紹介するのはこちら! 「ブルービーチ那智」です。
地元での通称は「那智の浜」(*’ω’*)
環境省が選ぶ「快水浴場百選」の中でも12ヵ所しかない『特選』に選ばれた、800メートルほどの砂浜が続く、県下最大の海水浴場です。

1999年に開催された「南紀熊野体験博」を機に、遊歩道が整備され、名称も「那智海水浴場」→「ブルービーチ那智」に改められた経緯があります。
花火大会をはじめ、夏のイベントのほとんどはこのブルービーチで開催されます。

◇名称:ブルービーチ那智
◇かつうら御苑からの所要時間:お車で5分弱
◇海開き…7月3日(日)
◇無料の設備…シャワー・トイレ・更衣室
◇有料の設備…駐車場(約250台駐車/2015年の料金:700円)

★おすすめポイント★
※8月1日(月)〜8月15日(月)の間、世界最大級のエアースライダー(滑り台)が登場します♪
※ブルービーチ那智の裏手には、町立の公衆浴場「丹敷の湯」があります。

SUP体験レッスンのご案内

ブルービーチ那智

梅雨明けはまだですが、カンカン照りの真夏のような日です(´;ω;`)
水に浸かりたいわぁ……。

さてさて、本日もこの夏開催予定のイベントのご紹介をしたいと思います!
突然ですが、みなさま「SUP」ってご存知でしょうか?

SUP(スタンドアップパドルボード)とは……
1960年代、大きなサーフボードの上でオール(パドル)を漕ぐ乗り方が生まれました。
日本各地で人気上昇のマリンスポーツで、サーフィンとは少し違い、波のない場合でも楽しめ、オールでの移動が可能で高齢者まで楽しめるマリ
ンスポーツとして注目されています。

そんなSUPのビギナー向け体験レッスンが、この夏ブルービーチ那智で行われます。

◇場所:ブルービーチ那智(かつうら御苑から車で5分弱)
◇規模:ボード数、10台(別に1台救護用あり)
◇期間:7月17日(日)~8月28日(日)8/11は花火大会のため無し
◇時間:9時~16時(受付は15時まで)
◇参加資格:中学生以上(小学生までのお子様は参加できません)
◇料金:30分・1000円、1時間・2000円(現地支払い)
1時間後の延長は30分毎500円、保険加入済み
◇予約:2日前までの予約制ですが、空いていれば現地での申込可
◇申込方法:メールのみ(必ずSUP申し込みと記入してください)
 
希望日・希望時間・体験時間・希望者全員の氏名、年齢・代表者の住所、携帯番号を記入し、メールで希望日の2日前までに申し込みください。
※天候により、当日中止になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
 
問合せ先・申込先:那智勝浦町観光協会
電話:0735-52-5311
FAX:0735-52-0131
mail:nachikan@mb.aikis.or.jp

興味のある方は挑戦してみてください!

第16回ビーチバレー大会のご案内

ブルービーチ那智

早くも沖縄が梅雨明けしましたが、近畿地方はもう少しですね(*´ω`*)
梅雨明けしたらいよいよ夏本番!
当館からも見えております「ブルービーチ那智」では海水浴シーズン中、多数のイベントを予定しています。
本日ご紹介するのはこちら!
今年で早くも16回目となる、ビーチバレー大会です。

◆日時:7月31日(日)9時~
 (小雨決行・荒天中止)受付8:15~8:45
◆場所ブルービーチ那智(かつうら御苑よりお車で5分弱)
◆規定:高校生以上の男女
 1チーム9名まで(コート内は3名/必ず女性1名以上をコート内に入れる)
◆募集:32チーム(定員になり次第締め切り)
◆参加費:1チーム1000円(保険料など)
◆申し込み締切日:7月26日(火)
  
◆お問い合わせ先
〒649-5335
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地6丁目1-1
那智勝浦町観光協会 ビーチバレー大会事務局
TEL:0735-52-5311

当日はビーチフラッグ大会も開催予定だとか(こちらは当日申込みです)。
みなさま奮ってご参加ください♪

プールの準備中です

梅雨入りはしたものの、ここ数日は晴れた日が続いております。
ムシムシした日の連続ですが、みなさま体調などくずされてませんか?

私たちも「あついー」と言いながらも、お客様の来られない区域(事務所とか……)では、クーラーなしでがんばっています。
最近は「あついねー」「蒸せるねー」が挨拶代わりになってるかも(;´Д`)
こんな暑い日は、海やプールで泳ぎたくなりますよね~。

プール清掃中

という訳で、現在かつうら御苑ではプールの清掃中でございます。
スタッフが暑い中がんばりました!(私は撮影しただけですが……)
プール開きは来月なのでちょっと早いですが、この時期は雨が多いのと、清掃の他、点検作業もあるので余裕をもっているみたいです。
気になる当館のプール開きは7月16日(土)を予定しております!
みなさまお越しの際はぜひプールでもお楽しみください♪

◆プールの営業:
7月16日(土)~8月31日(水)
AM8:00~PM6:00

※最寄りの海水浴場「ブルービーチ那智」の海開きは7月3日(日)です。

ヤマモモ♪

昨日に引き続き、梅雨の中のひとときの晴れ間です(*´ω`*)
まだ6月だというのに既にグロッキー状態……夏本番が怖いです。

さてさて、今日の本題です。
これ、何だかご存知でしょうか?

ヤマモモ

そうですヤマモモです♪
当館の従業員駐車場に生っています。
そのまま食べても甘酸っぱくて美味しいですが、お酒やジュースにしても綺麗なんですよね。

食べごろなのを収穫した後に撮影したのであまり色づいた実がありませんが、調理長がちょくちょく収穫しているそうです。
(一気にたくさんは採れないので、一部のお部屋でお出ししているそうです)地元産にこだわった当館の食材の中でも、超地元産(というか、かつうら御苑産!?)な一品です。
しかも無農薬!(*’ω’*)

現在は色々な果物が年中手に入るようになりましたが、こういう季節を感じる果物ってやっぱり貴重ですよね。
自宅の裏にもヤマモモが生っているので、見に行ってこようと思います(*´ω`*)

梅酒いろいろ★

梅雨で過ごしづらい気候が続いておりますが、みなさまお変わりありませんか?
和歌山といえばミカンと梅!
特に梅は、一般家庭でも梅干しや梅酒などに加工される方も多く、これから楽しみな季節が続きます。

梅酒いろいろ

ということで今回は、和歌山ならではのバラエティ豊かな梅酒をご紹介したいと思います♪
それぞれ、水割り・お湯割り・ロック(氷)・サイダー割りでご用意いたします。 »» 続きを読む

焼きみかん始めました!

毎日蒸し暑いですが、みなさま体調などくずされていませんか?
こんな季節は栄養をきちんととって、体調管理していきたいですね。

日本人にはなじみ深い果物「みかん」。
ご存じの方も多いかと思いますが、和歌山県はみかんの生産日本一!
とはいえ、この辺では「和歌山の有田みかん」よりも、お隣三重県御浜町のみかんのほうが出回っています。
多種多様なみかんを栽培していて「一年中みかんが採れる町」と言われているんですよ(*´ω`*)

そしてみかんは、焼くことで栄養がアップするのです!
みかんは果肉に栄養が含まれているのですが、それ以上に皮には栄養がたくさん含まれているんです。
ビタミンCや、Bクリプトキサンチン、ペクチンなど……。
特に『Bクリプトキサンチン』は、抗酸化作用を持っていて、肌の老化を防止してくれる成分なんですって。
またみかんは、ヒアルロン酸の量を増やす美肌効果も持っています。
美肌に欠かせないビタミンCも多くて、皮を干したものは漢方の生薬としても知られていますね。

焼きみかん

前振りが長くなりましたが、本日より当館売店前にて『焼きみかん』始めました!
ホットプレートで5分、さらにひっくり返して5分。
充分焦げ目がつくまで焼きます。

焼きみかん

皮をむくときは熱いのでお気を付け下さい(;´Д`)
焦げた皮の部分がちょうどパリパリになっているので、二つに割りやすくなっております。

焼きみかん

気になるお値段は、1個税込100円です。
みなさまぜひ、温泉に癒された後、焼きみかんで栄養をとってください(*’ω’*)

【ご近所探検007】ブルービーチ那智へ行こう♪

ブルービーチ那智

今日は炎天下のもと、WEB掲載用の写真撮影で、ブルービーチ那智に行ってきました。

1999年に開催された『南紀熊野体験博』を機に「那智の浜」から「ブルービーチ那智」に改名しまして、遊歩道などが整備されました。
(でも地元の人は今でも『那智の浜』と呼びます)

和歌山県の海水浴場といえば白浜温泉の『白良浜』が有名ですが、ブルービーチは県下最大。
白良浜のように白い砂ではありませんが、水も砂も綺麗ですよ~(*’ω’*)

ブルービーチ那智

泳げる時期以外でも、遊歩道が意外といい感じかもしれません。
毎年8月11日に開催される花火大会の会場もここなのですが、屋台はこの遊歩道沿いに並びます。
遊歩道を行ったり来たりしつつ、買い食いと花火鑑賞をするわけですね(*´ω`*)
あ、もちろん当館からも花火はご覧いただけますよ~!

ブルービーチ那智

ブルービーチ那智

ちなみにかつうら御苑はこのあたりに見えます。
徒歩ですと20分ぐらいの距離でしょうか?
海開きは7月3日ですので、みなさまぜひ海水浴もお楽しみくださいませ。