スタッフブログ

【館内探検008】部屋からの眺望比較

冠水や土砂災害など、各地で水の被害がとまりませんね;;
4年前の水害を思い出すととても他人事とは思えませんが……
災害寄付金の協力をするとか、被害にあわれた地域の特産品を優先して購入するとか、無事だった地域に住む私たちに出来ることをやっていきたいと思います。

さてさて、本日はお部屋からの眺望のご紹介です。
TwitterとFacebookで、写真に撮って紹介してほしいものなどありませんかとお呼びかけしたところ『海と空のコラボな部屋からの景色が見たい』とのリクエストを頂けたのです。
こういう反応頂けると、すごく嬉しいですヽ( ´▽`)ノ

旅行に行ったとき、窓からの景色がいいとテンションあがりますよね。
今回は、スタンダードなお部屋食会席プランでご利用いただける、本館、夕凪亭、滝見亭の3種類のお部屋からの景観をお届けしたいと思います!
(写真の腕がアレなので、暗く写ってますがすみません)

眺望:本館

まずは本館(2~3階)!
ネット販売ですと、『【本館】和室』という名称で登録しているお部屋です。
撮影したのは2Fのお部屋のベランダです(*´ω`*)
低層階ではありますが、館の前に建造物がある訳ではないので、海はご覧頂けます。
下の階にある分海面が近いので、個人的には一番好きかもしれません。

眺望:夕凪亭

次に夕凪亭(5~6階)! 本館よりワンランクアップのお部屋です。
ネット販売では『【夕凪亭】和室』という名称で登録しています。
これは6階からの写真ですね~。
ベランダから左手には、熊野の山々がご覧頂けます。
写真の方角は、那智山(那智の滝や熊野那智大社のある山)方面ですね。
お天気がよければ、遠目に那智の滝もご覧頂けます。
本当に遠目ですが……。
夕凪亭も見晴らしいいですよ~♪

眺望:滝見亭

最後は滝見亭(7~9階)!
ネット販売では『【滝見亭】和室』という名称で登録しています、上層階のお部屋です。
撮影は9階のベランダから。

当館は那智湾沿いに建っているのですが、湾の対岸方向に撮っています。
ベランダから左手は、夕凪亭の眺望写真を更に高い位置から見た感じ、また、右手は太平洋が広がっています。
高層階だけあって、視界が広々していて眺望は本当に良いです!
……が、高所恐怖症なもので、足がすくんでほとんど撮影できませんでしたすみません(´д`|||)

滝見亭からももちろん、(お天気がよければ)遠目に那智の滝もご覧頂けます♪
リクエストにお応えできてるでしょうか……(*’ω’*)
ご宿泊を検討くださってる方への、参考資料にもなれば幸いです。

「館内のこんな写真がみたい」「○○は具体的にどんな感じ?」などのご要望、ご質問などありましたら、TwitterやFacebookでお気軽におっしゃって下さい(*´ω`*)
Twitter:https://twitter.com/katuuragyoen001
Facebook:https://www.facebook.com/katuuragyoen

【館内探検007】お気に入り装飾品:02

台風の被害が出ている地域もありますが、皆さまお住まいの地域は大丈夫でしたか?
お陰様で、那智勝浦は目立った被害もなく台風が通り過ぎていきましたが、テレビなどで他の地域の様子を見ると、とても他人事とは思えず不安になります。
ブログだけでも元気にいきたいと思います!

本日は館内探検シリーズ第8弾、お気に入りの装飾品を紹介したいと思います。
9月といえば中秋の名月、お月見の季節ですよね。
当館の露天風呂付客室「月読」フロアは月をイメージしたフロアで、インテリアや装飾品にも月があしらわれていたり、月光を思い起こす色合いが使用されています。
ちなみに「月読」は「つくよみ」と読みます(*´ω`*)

内装も和風可愛い系だったり、アメニティが女性向けに充実していたりするので、個人的には女性の方に泊まってほしいな~と思うフロアです。
さてさて、月読フロアは部屋だけでなく、廊下のインテリアも月関係なんですよ!

月読のオブジェ

廊下のオブジェがウサギだったり。

月読のオブジェ

特にお気に入りはこっちの寄り添うウサギです。
シルバニアファミリーぐらいの大きさで、手触りもシルバニアファミリーみたいな感じです。
(どんだけシルバニア好きなのか私……(;´Д`)
ちょこんとくっついてるポーズが可愛い(*´ω`*)

こちらのウサギたちは、1階の月読フロアの廊下でご覧いただけます♪
かつうら御苑にお越し下さった際は、ぜひウサギ達にも会っていって下さい☆

【館内探検006】おみやげコーナー:02 那智黒飴!

今日は「館内探検シリーズ」第7弾、おみやげコーナーの紹介を再開したいと思います。
メジャーなお土産といえばやっぱりお菓子。
日持ちする消耗品は気軽に渡せますもんね!
とはいえ、どうせお土産に買うなら「その土地の特産」って感じのものがいいですし、悩みますよね。

那智黒飴

そんな悩める方におすすめ、那智黒飴!
熊野地方の特産・那智黒石で作られた「碁石」をモチーフにした飴です。
黒砂糖を使っているので喉に優しいです(*´ω`*)
喉が痛いときとか、1個なめただけでも楽になるのでうちは常備してます♪

地元では通常「那智黒」というと、この「那智黒飴」を指すことが多いのですが、那智黒飴は『那智黒石』を模してつくられたものです。
『那智黒石』は、碁石や硯石、装飾品などに使われる石。
きめが細かくて肌触りがよく、上品な光沢があるのが特徴です。

なお、名前に『那智』とついていますが、採取できるのはお隣三重県の熊野市。
この名前と、那智山(那智の滝や熊野那智大社のある地域)では那智黒石を販売しているお店が複数あるので、那智勝浦町が産出地域だと思ってる人も割りといるみたいです。(地元でも!)
キン肉マンに出てきた「ナチグロン」の名前の由来も那智黒なんですよ~(*’ω’*)

那智黒飴

黒飴もおいしいんですけど、個人的おすすめは、黒飴かりんとうです!
普通の黒かりんとうより、那智黒飴の味がしておいしいです( ´¬`)
あ、文字にすると伝わりづらい……
お好みもあるかとは思いますが、お土産を買われる際には選択肢にいれてみて下さい♪

この実何の実?

朝、駐車場をでたところで「ポトリ」という音が。
ふと見ると見慣れない実が落ちていました。
(既にいくつも落ちていたのですが、気づいてなかっただけという……)

ソテツの実

サイズ的には500円玉ぐらい?
何の実なのかなぁ……と、見上げてみてびっくり∑(´□`)
ソテツの実でした。
ちなみにソテツの木というのはこれです。

ソテツ

南紀地方の海辺でよく見かける、南国っぽい感じの木ですね。
従業員用入り口側なので、ゴチャゴチャしてる感はスルーでお願いします(;´Д`)

ソテツ

実がなってるところはこんな感じです。
今までソテツの実を見たことがなかった(というか気づいてなかった)ので、新発見した気分です(*´ω`*)

あれから4年

2011年に台風12号による紀伊半島豪雨の災害があり、那智勝浦町は大きな被害を受けました。

あれから丸々4年。
今日は、特に被害の大きかった井関地区で慰霊祭があり、黙祷のサイレンが鳴りました。
亡くなった方のほぼ全員がご近所さんだったこともあり、黙祷しつつお一人お一人のことを思い返してしまいました。
当時は全国からのボランティアの方々や公共の福祉、地元でも比較的被害の少なかった地域の方の手助けなど、本当に多くの方に助けていただきました。
また、那智勝浦町を応援して観光にきて下さる方も多くいらっしゃって、すごく嬉しかったことを覚えています。

亡くなった方へのご冥福をお祈りするとともに、よくして頂いたことへの感謝の気持ちを再認識した日でした。
明日からはまた元気なブログをお届けします!

【館内探検005】おみやげコーナー:01

今日は9月3日! ドラえもんの誕生日です(*´ω`*)
去年の夏は大阪まで「藤子・F・不二男展」に行ったけど、すごく楽しかったなぁ……。
すみません、話がそれました!
今日は恒例の「館内探検シリーズ」第6弾で、おみやげコーナーを紹介したいと思います。

売店風景

当館のおみやげコーナー(売店)は、なかなかの品揃えでして(*’ω’*)
おみやげに最適な日持ちのするお菓子、干物などの加工品はもちろんのこと、地酒、珍味、地元の調味料やグッズなど、一通りは網羅している感じです。

売店風景

調子に乗ってたくさん写真を撮りすぎたので、どんな品物を置いているかはこれからということで……。
ブログ担当者の、主観にみちたコメントを加えつつ、分割してくわしく紹介していきたいと思いますのでご期待ください( ´▽`)ノ

【ご近所探検001】足湯~海乃湯~のご案内

9月になりましたが、全然涼しくなりませんね~(´・ω・`)
シルバーウィークぐらいには過ごしやすくなってる…… といいなぁ。

さてさて、今回から始まりました「ご近所探検シリーズ」
館内探検シリーズと並んで、(ブログネタがない時の話題として)近辺の観光~単なる面白シーンまで、幅広くとりあげる予定です。
第一回はオーソドックスに、足湯のご紹介をしたいと思います!

南紀勝浦は、ご存知、温泉とマグロと世界遺産の町。
特に温泉は、入浴施設のほか温泉付の住宅地や、道端に温泉がわいているところも複数あったりで、地元民にもかなり身近な存在です。

今回ご紹介するのは、2006年に完成した足湯「海乃湯」ですヽ( ´▽`)ノ
勝浦駅~漁港周辺には3箇所の足湯があるのですが、一番広いのがここ「海乃湯」。
(総面積100平方メートルあるそうです)
勝浦漁港のすぐ横にあります♪
足湯の他、手湯もありまして(もちろん同時に使えます)勝浦漁港を眺めながら温泉を楽しめるようになっています。

足湯:海の湯

初めて見たときは
(足湯はともかく、手湯って気持ちいいものなの?)Oo。(´・ω・`)
と思いましたが、これが意外と気持ちいいのです。
何だかさっぱりした気分になります。

足湯:海の湯

足の血行がよくなると、体中の血の巡りもよくなるといいますよね!
これから少しずつ涼しくなってきて、温泉が楽しめる季節になります。
当館のお風呂もオススメですが、お散歩がてら足湯もいかがですか?

◆◆◆足湯「海乃湯」
・場所:勝浦漁港すぐ前
・ご利用可能時間:6時~22時(22時にお湯が止まります)
・料金:無料
・トイレがすぐそばにあります
・かつうら御苑からの所要時間:徒歩30分程度

【館内探検005】お気に入り装飾品:01

今日から9月!
夏休みが終わったばかりですが、シルバーウィークのご予定は皆様おきまりでしょうか?

さてさて、「館内探検シリーズ」第5弾は、個人的にお気に入りの装飾品のご紹介です☆
当館には、いたるところに装飾品や生花が飾られておりまして、見た目の雰囲気づくりにも気を遣っております。
絵画やファブリックボード、焼き物など、かなりの数……( ´¬`)
素人目にはよくわかりませんが、値打ちのありそうに見えるものも多いです。
そんな数多い装飾品の中から、今回は私的に第1位のこれをお見せしたいと思います。

リス?

じゃじゃじゃーん!

……大丈夫かな、皆さん引いてないかな(|||´Д`)
リスです!(多分……)

片方は尻尾もついてませんけど、きっとリスです! 知らんけど。

二階の、大浴場に向かう廊下の途中にいます。
丸っこくて可愛くてちょいブサな辺り、月読コーナーのウサギのディスプレイと並んで、個人的にすごく気に入ってる飾りのひとつです。
(月読コーナーのうさぎは、正統派のちゃんとした装飾です)

正統派の置物からこんな可愛い系まで「こんなところにも!?」って場所にもディスプレイがあったりで、私自身、宝探しのような気持ちで紹介スポットを探し歩いています♪
みなさまもお越しくださった際は、ちょっとしたところにも目を向けてみてください(*’ω’*)

【館内探検004】レストラン:03

おまちかね!大好評シリーズ「館内探検シリーズ」第4弾です☆
誰に大好評なの?って?
それはもちろん、ブログのネタに尽きてる時の私にですよ!(;´Д`)

ということで、今回はバイキング会場のお料理……ではなく、レストランから見える風景をご紹介したいと思います♪

レストランから見える風景

1階にあります、バイキング会場のレストラン☆
よりによって何で真ん中に木のある構図で撮影したの!?って感じですが、窓の外の生垣の外がすぐ海になっています。
向こう岸に見えている砂浜は、県下最大の「ブルービーチ那智」(地元的には『那智の浜』)です。

レストランから見える風景

天気のいい日には遠目に(本当に遠目に……)世界遺産の『那智の滝』も見えます!
当館からですと、ちょうど真北の方角になりますが、わかりづらい場合はスタッフにお尋ねください♪
開放感あふれる景色を見ながら、バイキングを楽しんでいただけると嬉しいです(*´ω`*)

那智勝浦新宮道路開通記念イベントのご案内♪

ほんの少しですが、朝が涼しくなってきましたね。
過ごしやすい季節が待ち遠しいです……( ´¬`)
さてさて、本日もイベントをご紹介したいと思います♪
きたる9月13日に、那智勝浦新宮道路が市屋ICまで開通するのですが、開通に先立って記念イベントが開催されます♪

那智勝浦新宮道路開通記念イベント

◆◆◆開通記念イベント1日ウォーキング
・日時:9月6日(日)10時~14時
(10~14時の間、自由にウォーキングできます。全長6.3キロメートル)
・参加者には記念品(エコバッグ)進呈
★出入り口は以下5箇所
・天満(現在の勝浦側のIC)
・橋ノ川
・二河
・グリーンピア跡
・市屋(国道42号から太田に入るところ)
(※駐車場はグリーンピアのみ)

自動車道ですので、開通してしまうと歩けなくなる場所です。
ちょっとしたハイキングがてら、歩いてみてはいかがですか?

↓那智勝浦町役場のWEBサイトに移動します
http://www.town.nachikatsuura.wakayama.jp/forms/info/info.aspx?info_id=37266