防災のお話

今日お昼前に地震が揺りました。
和歌山県は震度4と発表されましたが、那智勝浦町では震度3が記録されました。
震源は三重県南東沖、マグニチュードは6・1だったそうです。

幸い津波もなく、ちょうどお客様のいらっしゃらない時間帯だったこともあって、従業員同士で「びっくりしたね~」と話しただけで済みました。
皆様のお住まいの場所は大丈夫でしたか?

南海トラフ地震が近いうちに起こると言い聞かされながら結構な年月が過ぎていますが……
阪神大震災、東日本大震災を経て、耐震や津波対策に関する質問をいただくことも増えました。
旅行中、勝手の分からないところで災害にあうと、心細さも倍増ですよね。
特に当館は海の傍ということもあり、津波を気にされる方もいらっしゃると思います。

先日防災訓練で教わったのですが、地震発生後に津波が発生するとしたら、地理的に『地震発生後10分程度』で津波が押し寄せてくるそうです。
この場合は外に出るよりも、上の階(7階まで昇れば、まず大丈夫とのことです)に避難したほうが安全とのこと。
防災訓練時に1階から7階まで駆け登ったときは、一番遅い人で2分30秒ぐらいかかっていたそうです。

実際に地震が起きれば、まずはお客様にお声をかけて避難誘導して……となりますが、ある程度余裕を持って行動しても大丈夫ですよ、と消防署の方が仰ってました。
地震が起こらないのが一番ではありますが、非常時に備えて準備は大切ですよね。
私たちスタッフも、いつでも冷静にお客様を誘導できるよう、気を引き締めて行きたいと思います。

【館内探検017】電気自動車の充電器あります!

電気自動車充電器

今日は館内探検シリーズいきたいと思います!
以前からあるものなのですが、意外と知らない方も多い……これ、電気自動車の充電器です♪
当館前の駐車場にあります。(通常速度の充電器になります)

当館以外では、町内ではJR那智駅そばの「丹敷の湯」前にも充電器がありますが、この辺本当に電気自動車の充電器ないんですよね。
自分は電気自動車に乗らないのであまり気にしてないのですが、ご利用されてる方は不便だろうなと思います。
お泊りのお客様はどうぞ駐車場でご利用くださいませ(*’ω’*)

2017年度用カレンダーフォトコンテストのご案内

今日は昨日に引き続き、募集もののご案内をしようと思います。
毎年観光協会さまが販売されている、那智勝浦町カレンダーのコンテストです(*’ω’*)
カレンダーに採用された方には賞金も!

ちなみに各月で撮影テーマが決まっておりまして
◆表紙(縦)…那智の滝、大門坂、熊野古道など
◆1・2月(横)…那智勝浦町の日の出
◆3・4月(横)…那智山の桜、春らしい名所の風景
◆5・6月(横)…大門坂、熊野古道
◆7・8月(横)…那智大社扇祭り(※那智の火祭りのことです)
◆9・10月(横)…あげいん熊野詣、秋の那智山風景
◆11・12月(横)…魚市場まぐろ
……となっております。

気になる賞金は
表紙賞1点、各期間賞6点、それぞれ3万円となっております。
応募締め切りは平成28年8月31日(消印有効)
お問い合わせは観光協会様にお願いします。(電話:0735-52-5311)

詳細はこちらをご覧下さい♪(那智勝浦観光協会様のサイトに飛びます/PDFファイルです)
http://www.nachikan.jp/index.php/download_file/view/686/1/

四季折々の勝浦の風景を楽しんでいただけますよう、みなさまの素敵な作品をお待ちしております(*´ω`*)

第23回まぐろ祭りのチラシの原画募集中

だんだん暖かくなってきて、山歩きにもいい気候になってきましたね(*’ω’*)
本日は、来年の「第23回まぐろ祭り」のチラシの原画募集のご案内をご紹介したいと思います。
以下、観光協会様の募集要項になります。

あなたのアイデアでまぐろ祭りをPRしてください!!
那智勝勝浦町「まぐろ祭り実行委員会」では、2017年1月28日に開催する「第23回まぐろ祭り」のチラシの原画を下記の通り募集しています。
全国の方がまぐろ祭りに訪れたくなるアイデアで、どんどんご応募下さい。
 
(1)募集期間 平成28年6月1日より9月30日(必着)まで
 
(2)応募規定
 ※A4のコピー用紙のサイズで応募(折り曲げない)
 ※必ず「第23回まぐろ祭り」の文字を入れる
 ※写真、水彩画、色鉛筆画等形式は問いません。
 ※お一人2点まで応募可能。
 ※応募作品の裏に郵便番号・住所・氏名(ふりがなも)・年齢・電話番号を書いた用紙を必ず貼り付け、封筒に入れた状態でお送りください。
 
(3)選考について 10月初旬に選考会を行い下記の賞を決定します。
 ※優秀賞(1点) 賞状、生まぐろ1本
 ※実行委員長賞(1点)賞状、生まぐろブロック(3キロ)
 ※佳作(3点) 賞状、生まぐろブロック(2キロ))
各賞の発表は決定次第、当観光協会ホームページ、新聞等で行い当選者には事務局より直接ご連絡いたします。
景品は結果発表後、事務局よりお送りします。
 
★優秀賞の作品は10月中にチラシ制作させて頂き、1万枚印刷し全国に配布いたします。
★応募作品の使用権はまぐろ祭り実行委員会に帰属となります。
★応募作品は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。
★応募全作品を縮小コピーしまぐろ祭り当日会場に展示する予定です。
 
 
(参考事項)
まぐろ祭り主な内容(例年)
・一頭造り 生まぐろ1本を地元調理師会が観衆の目の前でさばき刺身にし、無料で振舞います。
・まぐろ汁 まぐろの型をしたまぐろ鍋でまぐろのつみれ団子が入った味噌汁状の汁を約2500人分作り、無料で振舞います。
・生まぐろ即売 魚商組合による生まぐろの即売。ブロックの状態でキハダ、メバチ、ビンチョウの3種類で販売。
 
【お問合せ先及びお送り先】
〒649-5335 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地6-1-1
那智勝浦町観光協会「まぐろ祭り実行委員会事務局」宛
電話:0735-52-5311 / Fax:0735-52-0131

※詳細はこちらをご覧くださいませ(智勝浦観光協会様のサイトに飛びます)
http://www.nachikan.jp/index.php/download_file/view/687/1/
まぐろ祭りのPRのため、みなさまの力作をお待ちしております♪

円満地公園オートキャンプ場・桜祭り

つい先日センバツ高校野球が開幕したと思ったら、今日はプロ野球開幕ヽ( ´▽`)ノ
どんどん活動的ない催しが始まりますね。

さてさて、本日はイベントのご案内です。
明後日3月27日、町内色川地区の円満地公園オートキャンプ場で桜祭りが開催されます♪
桜祭りとはいうものの……一昨日、円満地公園の前を散歩しましたが、そのときはまだ桜は咲いてませんでした。
とはいえ、みなさんきっと目当てはイベントのはず!
気になるイベント内容はこちら↓

●ふるまいコーナー
ぜんざい・色川茶・棚田米おにぎりなどのふるまい。
(無料/なくなり次第終了となります)
 
●ジビエラーメンコーナー
色川で獲れた猪骨スープのラーメン。
(無料/なくなり次第終了となります)
 
●フリーマーケットコーナー
わすれもの市、青空市(色川産品、不用品市など)の開催。
※売上の一部は、常総市鬼怒川水害義援金として寄付されます。

おすすめはやっぱりジビエラーメンでしょうか。
なかなかついでに行ける場所ではないのですが、行く機会があればぜひどうぞ(*’ω’*)

◆◆◆円満地公園オートキャンプ場・桜祭り
開催日:平成28年3月27日(日)10時~
開催場所:円満地公園オートキャンプ場
かつうら御苑からの所要時間:約45分

【ご近所探検006】モチーフはまさかの○○○!?

日に日に暖かくなってきましたね~(*´ω`*)
冬は晴れてさえいれば、客室から那智の滝が見えたのですが、最近は霞がかかってよく見えない日も。
これが春霞? それとも黄砂? まさかの花粉!?
いやいや、PM2.5……?(|||´Д`)

考えただけで鼻がムズムズしてきそうなので、話題を変えましょうか……(´・ω・`)
気分を変えて、今日ご紹介するのはこちらです♪
私が個人的に大好きな、ケーキ店「an寿an」さんで販売されてたコレ!(写真撮影の許可を頂いてます)

SHIBIKO

赤地&ピンク地に白の斜めストライプが鮮やかな風呂敷とハンカチ。
那智勝浦町発の雑貨ブランド「SHIBIKO」というそうです。
「SHIBIKO」……シビコ? あれ?(;´Д`)

SHIBIKO

そう、この斜め模様、マグロの切り身がモチーフになってるんです。
まさかのマグロの切り身柄!
いやでも、サン○オにもきりみちゃんとかいるし、普通なのかな……?

ちなみに「シビコ」とはまぐろの子ども(まぐろの卵のことも)です。
この辺ではまぐろのことを「シビ」というので、タラコ的な呼び方で「シビコ」なんですね。
隅にはブランドロゴとマグロのシルエットが入っていますが、ばれなければ普通のハンカチとしても使えそうです。

SHIBIKO

SHIBIKOブランドを置いてある「an寿an」さんは、紀伊勝浦駅から徒歩2分程度、紀陽銀行さんの向かい側にあります。
みなさまも一枚いかがでしょうか?(*´ω`*)

かつうら御苑前の桜♪

連休も今日で終わり!
皆様どんな風に過ごされましたか?
当館も連休ということで、多くのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。

さてさて、センバツ高校野球もはじまり、いよいよ春も間近になってきました。
春と言えばやっぱり桜(*´ω`*)
南紀は暖かいといわれますが、現時点では山桜が綺麗な感じです。

かつうら御苑前の桜

当館の前にも桜並木があるのですが、今のところはこの通りで、つぼみも目立ちません。
満開になると綺麗ですよ~。
これから時々桜の状況もお伝えしていきますので、お越しになった際にはお花見も楽しんで下さいね(*’ω’*)

温泉ソムリエ!

明日から連休ですね(*’ω’*)
お彼岸ということで、お墓参りに行かれる方も多いと思いますが、皆様ご予定はお決まりでしょうか?

さてさて、本日は商工会議所で「温泉ソムリエ」の研修がありまして、当館のスタッフも行ってまいりました!
温泉成分の見方や、温泉の入り方について勉強してきたとのこと。
本人に「認定証持って写って下さい」とお願いしたのですが、顔出しを拒否られましたので認定証とタオルのみアップしときます(*´ω`*)

温泉ソムリエ認定証

以下、温泉ソムリエの入浴五箇条いきます!

その一「入浴前後に一杯ずつの水を飲むべし!」(入浴前後に水分補給すべし)
その二「入浴前には、足先など心臓の遠くから順に充分な『かけ湯』をすべし!」
その三「頭には濡れたタオルをのせるべし!」
その四「一気に長湯せず、『分割湯』をすべし!」
その五「疲労回復には、ひざ下の『温冷交互浴』が有利なり!」

健康面にも気を遣いつつ、温泉でリラックスしていただければと思います♪

貝殻デコ体験やってます♪

「チェックイン時間より早く到着しちゃった……待つのは仕方ないけど……」
「家族で大浴場に行ったけど、お母さんが上がってくるまで待たなきゃ……」
「夕食バイキングに早めに来たけど、待つ間って暇……」
「子どもたちに、機嫌よく待っていてほしい……」

なんてことありますよね~(´・ω・`)

もちろん『お待たせしない』のが一番ではあるんですが、楽しく時間をつぶせる方法ってないのかな?
長年のスタッフの課題です。
ということで、最近はじめたのが「貝殻デコ体験」です( ´▽`)ノ

(1)貝殻を選ぶ
(2)スパンコールやビーズ・シーグラスなどで、好きな感じにデコレーションする
……これで完成です!

貝殻デコ体験

それだけなのですが、お子様だけでなく、大人の方も熱中されてます。
写真ではグルーガンを使ってデコレーションしていますが、グルーガンは熱くなりますので、お子様向けには木工用ボンドのご利用をおすすめしています。

貝殻デコ体験

デコ作品はもちろんお持ち帰り頂けますし、置いていかれた場合は展示させて頂いてます。

貝殻デコ体験

材料となる貝殻は、近所の浜で拾ってきたものもありますが、ほとんどはお夕食の会席にお出ししているお造りの貝です。
一番使い勝手が良いのは緋扇貝(ひおうぎがい)ですね(*’ω’*)
再利用イエーイヽ( ´▽`)ノ

現在は、担当しているフロントの女性スタッフが出勤の日だけ開催してまして、必ず毎日開催ではないのですが……
基本的にお子様の多い土日などは開催しております。
ロビー奥でご用意してますので、ぜひご参加下さい♪

◆貝殻デコ体験
日時:14時~19時頃(不定期休)
場所:1階ロビー奥・レストラン前
ご用意していただくもの:なし
料金:無料

※春休みいっぱいで終了いたしました

プロの温泉撮影テクニック

先日、プロのカメラマンさんに依頼して、数日かけて客室や館内施設、料理などの撮影をしていただきました。
私もブログ担当になってからは写真の撮り方をそれなりに練習していたのですが、練習したから上達する訳でもないという……。

今回の撮影では、お手伝いという名目で、お傍で拝見できたのですが、照明の使い方や構図のこだわりなど、さすがプロは違うわ~(*´ω`*)と感心することが多々ありました。
中でも個人的に印象に残ったのがこちら!

大浴場にて取り出したのはこちら……

ドライアイス

ドライアイスー!(私は大山の○代さん派です

お湯

そしてこれが当館の大浴場の水面、いえ……お湯面です。
ヒノキの匂いがして癒し空間にはなっていますが、お湯面は凪いでいて静か~な感じ。
あまり温泉です!って写真にはならないですね。
(当館の源泉は32度なので、煮立つような湧き方はしないのです……)
ここにドライアイスを入れます!

お湯

一気にお湯に迫力が……!
この写真は私が撮ったものなので微妙ですが、カメラマンさんが撮った写真は迫力満載でした。