温泉ソムリエ!

明日から連休ですね(*’ω’*)
お彼岸ということで、お墓参りに行かれる方も多いと思いますが、皆様ご予定はお決まりでしょうか?

さてさて、本日は商工会議所で「温泉ソムリエ」の研修がありまして、当館のスタッフも行ってまいりました!
温泉成分の見方や、温泉の入り方について勉強してきたとのこと。
本人に「認定証持って写って下さい」とお願いしたのですが、顔出しを拒否られましたので認定証とタオルのみアップしときます(*´ω`*)

温泉ソムリエ認定証

以下、温泉ソムリエの入浴五箇条いきます!

その一「入浴前後に一杯ずつの水を飲むべし!」(入浴前後に水分補給すべし)
その二「入浴前には、足先など心臓の遠くから順に充分な『かけ湯』をすべし!」
その三「頭には濡れたタオルをのせるべし!」
その四「一気に長湯せず、『分割湯』をすべし!」
その五「疲労回復には、ひざ下の『温冷交互浴』が有利なり!」

健康面にも気を遣いつつ、温泉でリラックスしていただければと思います♪

貝殻デコ体験やってます♪

「チェックイン時間より早く到着しちゃった……待つのは仕方ないけど……」
「家族で大浴場に行ったけど、お母さんが上がってくるまで待たなきゃ……」
「夕食バイキングに早めに来たけど、待つ間って暇……」
「子どもたちに、機嫌よく待っていてほしい……」

なんてことありますよね~(´・ω・`)

もちろん『お待たせしない』のが一番ではあるんですが、楽しく時間をつぶせる方法ってないのかな?
長年のスタッフの課題です。
ということで、最近はじめたのが「貝殻デコ体験」です( ´▽`)ノ

(1)貝殻を選ぶ
(2)スパンコールやビーズ・シーグラスなどで、好きな感じにデコレーションする
……これで完成です!

貝殻デコ体験

それだけなのですが、お子様だけでなく、大人の方も熱中されてます。
写真ではグルーガンを使ってデコレーションしていますが、グルーガンは熱くなりますので、お子様向けには木工用ボンドのご利用をおすすめしています。

貝殻デコ体験

デコ作品はもちろんお持ち帰り頂けますし、置いていかれた場合は展示させて頂いてます。

貝殻デコ体験

材料となる貝殻は、近所の浜で拾ってきたものもありますが、ほとんどはお夕食の会席にお出ししているお造りの貝です。
一番使い勝手が良いのは緋扇貝(ひおうぎがい)ですね(*’ω’*)
再利用イエーイヽ( ´▽`)ノ

現在は、担当しているフロントの女性スタッフが出勤の日だけ開催してまして、必ず毎日開催ではないのですが……
基本的にお子様の多い土日などは開催しております。
ロビー奥でご用意してますので、ぜひご参加下さい♪

◆貝殻デコ体験
日時:14時~19時頃(不定期休)
場所:1階ロビー奥・レストラン前
ご用意していただくもの:なし
料金:無料

※春休みいっぱいで終了いたしました

プロの温泉撮影テクニック

先日、プロのカメラマンさんに依頼して、数日かけて客室や館内施設、料理などの撮影をしていただきました。
私もブログ担当になってからは写真の撮り方をそれなりに練習していたのですが、練習したから上達する訳でもないという……。

今回の撮影では、お手伝いという名目で、お傍で拝見できたのですが、照明の使い方や構図のこだわりなど、さすがプロは違うわ~(*´ω`*)と感心することが多々ありました。
中でも個人的に印象に残ったのがこちら!

大浴場にて取り出したのはこちら……

ドライアイス

ドライアイスー!(私は大山の○代さん派です

お湯

そしてこれが当館の大浴場の水面、いえ……お湯面です。
ヒノキの匂いがして癒し空間にはなっていますが、お湯面は凪いでいて静か~な感じ。
あまり温泉です!って写真にはならないですね。
(当館の源泉は32度なので、煮立つような湧き方はしないのです……)
ここにドライアイスを入れます!

お湯

一気にお湯に迫力が……!
この写真は私が撮ったものなので微妙ですが、カメラマンさんが撮った写真は迫力満載でした。

写真撮影がありました♪

2月末から3月はじめにかけて、プロのカメラマンさんに依頼して客室や館内施設、料理などの撮影をしていただきました。
WEBサイトに載せている写真がかなり前のものばかりということもあり、新しい写真がほしかったので嬉しいです(*´ω`*)
バイキングの料理などは、素人の撮影ではなかなかうまく撮れないので(´;ω;`)
料理の写真って難しいですよね。

撮影風景

撮影担当ということで、数日撮影に同行したのですが、プロの方の撮影技術を傍で拝見できて、興味深い体験をさせていただきました。
また、会席などの料理写真もすべて新しく撮り直したんですけども、何時間も同席した調理長から、料理の話をたくさん聞けたのも勉強になりました。
いつも会う方ではあるんですが、長時間腰を据えて話せる機会ってなかなかないですもんね~(´・ω・`)

お出ししている料理のどういうところを注目してほしいと思ってるかとか、こだわっている点だとか、色々聞けて興味深かったので、(ネタ切れにならないように何回かに分けつつ)こちらでもご紹介したいと思います。

撮影された写真が届きましたら、こちらのブログでもどんどん掲載していきますので、ご旅行を検討されている方の参考になれば嬉しいです。

【生ビール飲み放題付】夕朝食バイキングプラン登場♪

生ビール飲み放題つきバイキングプラン

以前からご要望の多かった「生ビール飲み放題」がお夕食のバイキングに登場です(*´ω`*)
今回ご紹介しますセットプランの他、当日レストラン会場でも承りますので、ビール好きな方はぜひ!

【生ビール飲み放題付】【夕朝食バイキング】好きな物だけお腹いっぱい食べ放題♪
http://www2.489ban.net/v4/client/plan/pbview/customer/katuuragyoen/pbid/829927

ビール派にうれしい、飲み放題付きのバイキングプランが登場!
お好きなものだけ食べ放題でおなかいっぱい♪
ご好評いただいてます「熊野の味覚のバイキングプラン」に、90分間の生ビール飲み放題がセットになった「飲み放題&食べ放題」のよくばりプランです。
 
◎お夕食:レストランにてバイキング
◎ご朝食:レストランにてバイキング
 
★★★生ビール飲み放題(90分)
お夕食時、サッポロ生ビール飲み放題(ビールサーバー利用・オールセルフ式)
※グループ様全員がご利用なさらない場合は、当日単品で飲み放題を承ります。
 (お一人様1500円・消費税込)
 
◇◇◇お夕食
地元の食材を生かした、和食・洋食が楽しめるバイキングです。
勝浦ならではの新鮮なまぐろのお造りはもちろん、まぐろ創作料理や郷土料理のめはり寿司・さんま寿司など、全20種類以上。
目の前で調理するステーキや天ぷらが人気です。
※時間…18:00 – 最終入場19:30まで(21:00終了)
 
◇◇◇ご朝食
海が見えるレストランで、熊野の幸のバイキング。
その場で作るダシ巻き玉子や熊野の茶粥、紀州さんまの干物など、熊野の素材おが楽しみ頂けます。

「那智勝浦ビッグひなめぐり」終了しました♪

ビッグひなめぐり

2月28日(日)~3月6日(日)の間、那智勝浦体育文化会館で「那智勝浦ビッグひなめぐり」が開催されておりました。
昨日7日には、撤収作業のお手伝いにも行って来ましたよ~。

並んでいるときも圧巻でしたけど、手にとって分類作業や箱詰め作業などしていると、改めて『多いな~』と実感しました。
実は撤収中に、まだイベント中だと思ってお越しになった方もいらっしゃったり……。
私がお話しした方は、わざわざ三重県から来られたそうで……残念ながら片付けも終盤だったので、ご覧頂くこともできず申し訳なかったです。
町内放送や地元の新聞などでも案内はされていましたが、イベントの告知って大事だなと再認識しました。
1週間の開催でしたが、お越しくださった皆様ありがとうございました♪

13300体のお雛様を飾ってきました!

明日2月28日(日)~3月6日(日)の間、那智勝浦体育文化会館で「那智勝浦ビッグひなめぐり」が開催されます。
みどころは何と言っても全国から集まる13300体のお雛様!
その迫力は圧巻です!



という説明ができるように、今日はひなめぐりの準備のお手伝いに行ってきました!

いちまんさんぜん……か、考えるだけで筋肉痛に……(´Д`|||)
とはいえ、関係者の他、ボランティアの方も多く集まって、力仕事は男性陣、並べるのは女性陣と、適材適所でお手伝いさせて頂いたので、多分筋肉痛は大丈夫……なはず……

ビッグひなめぐり会場

会場となる「那智勝浦体育文化会館」!
NHKののど自慢にも使われるほど広いです。
ここのアルプススタンドのような段になった客席にダンボールを上手くはめてひな壇を作ります。

ビッグひなめぐり会場

どんどん並べていきますよー。
上の方の(見づらい)段は、お内裏様とお姫様ばかり並べた段、官女ばかりの段など、同じ種類の人形を並べます。
(真ん中より下になると、セット毎に設置していきます)

ビッグひなめぐり会場

まだまだ途中の風景ですが、これでもかなりの迫力があります。

ビッグひなめぐり会場

また、会場では地元の保育園児のてづくりお雛様も展示されていて、可愛いコーナーになっていました。
(写真は井関保育所の作品です)
ひなめぐり期間中は、体育文化会館前で屋台の他、催し物もございますので、みなさまぜひお越しになってください♪

雪山登場! ってタイトルの予定でした…

今日は朝から雨です(´・ω・`)
例年通りだと今日、明日の「南の国の雪まつり」の雪山が設営されるのですが……
(長野県から約1トンの雪が運ばれてきます)

ブルーシート

ブルーシートがかぶっていて、何も見えませんでした。
ですよねー、そのままじゃ雨で溶けちゃいますもんね。

あ、でも明日自体はお天気良いそうですよ!
私事ですが、明日はお休みを頂いて雪まつりに行ってきます!( ´▽`)ノ
地元の特産品もたくさん出まわりますので、当館でのおもてなしに利用できるものがないか、隅々までまわってくる予定です。
面白いものや珍しいものがあれば、こちらでもご紹介しますね。

◆◆◆商工祭「南の国の雪まつり」
開催場所:那智勝浦町役場前
開催日:2月21日(日)8時30分~15時
かつうら御苑からの所要時間:徒歩15分程度

【ご近所探検005】足湯~滝の湯~のご案内

先週、勉強会で大阪へ出張してきました。
勉強になるお話を聞かせていただいたり、他の宿泊施設を見たりと興味深い時間を過ごしてきました。

今回JRで行って来たんですけども、紀勢本線(きのくに線)の、海をみながらの列車の旅は、やっぱりいいな~と実感しました。
普段は身近すぎて、海を見ても「ふーん」としか思わないのですが、開放感のある海のある景色ってホッとするものですね。

足湯

さてさて、今日ご紹介しますのは、電車に乗る前に撮影してきた駅前の足湯「滝の湯」です。
JR紀伊勝浦駅のすぐ前にあります。
駅周辺では無料の足湯が3箇所ありまして、ここ以外では漁港のそばに「海の湯」「まぐろの湯」があります。
もちろん全部無料ですよ~。

足湯

源泉が同じなのでどれも泉質は同じですが、源泉に近いほうが若干熱いとのことで

(高い)まぐろの湯>>>海の湯>>>滝の湯(低い)

となっております。
とはいえ、浸かってもあんまり違いは分からないのですが……(;´Д`)

足を温めると、血流もよくなって体中がぽかぽかするともいいますし、ぜひ無料の足湯でもお楽しみいただきたいです♪
バスや電車の待ち時間にいかがですか?

◆◆◆滝の湯
場所:JR紀伊勝浦駅すぐそば
かつうら御苑からの所要時間:徒歩15分程度

『さくらびんちょうフェア』開催中♪

本日の那智勝浦は曇り空です。
週末は小雨が降ったりの天気になりそうですね(´・ω・`)
さてさて、現在、那智勝浦町では、町のブランドまぐろ『さくらびんちょう』を広く知って頂くために、期間限定のプレゼントキャンペーンを実施しています。

さくらびんちょうフェア

◆◆ さくらびんちょうフェア ◆◆
期間…1月29日(金)~3月13日(日)
内容…
期間中にフェア参加店舗で、さくらびんちょうを使用した料理をご注文、またはご購入された方の中から、抽選でさくらびんちょう1本プレゼント!
 

※なお、『さくらびんちょう』とは……
冬から春にかけて紀伊半島を回遊するびんちょうまぐろは、南紀勝浦に春を告げるまぐろとして身色も淡い桜色、まさに『さくらびんちょう』である。
また、北海の厳しい寒さに耐えた身質は脂もほどよくのり、回遊する他のまぐろと同様に赤い身色もあるところから、腹身の白とあわせて三色まぐろとも呼ばれる。

へぇ~> ( ゜Д ゜)

恥ずかしながら、このフェアの告知で「さくらびんちょう」の存在を知りました。
地元ではびんちょうマグロのことを「とんぼ」というのですが、個人的にはとんぼの身は白っぽい印象があったので、新鮮な感じがします。
今の時期は特にとんぼが美味しいので、ぜひ堪能していっていただきたいです( ´¬`)

フェアの参加店舗など、詳細は那智勝浦町役場のWEBサイトでご確認くださいませ♪
http://www.town.nachikatsuura.wakayama.jp/forms/info/info.aspx?info_id=38247