スタッフブログ

【初詣に行こう:03】熊野速玉大社

初詣に行ける近場の神社仏閣をご紹介する「初詣に行こうシリーズ」♪
本日ご紹介するのは、熊野那智大社、熊野本宮大社とならんで『熊野三社』と呼ばれる「熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)」です。

主祭神は「熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)=伊邪那岐神(イザナギノミコト)」。
熊野那智大社の御祭神である、イザナミのミコトと夫婦の神様です。
ここも世界遺産の一つに含まれてますよ~(*’ω’*)

熊野速玉大社

速玉大社の見どころといえば御神木の「梛の木」でしょうか。
『ナギ』は『凪』に通じること、また、梛の葉は縦の繊維がしっかりしていて非常にちぎれにくいことから、葉や枝は護符になるとされています。
(梛の葉は縁結びのお守りになります(*’ω’*)

境内にあるご神木の梛の大樹は樹齢1000年以上と言われ、国の天然記念物とされています。
記録では、平清盛の子である平重盛が植えたそうです。

また、那智大社や本宮大社とは違って、速玉大社は石段を登らずに参詣できる平地に建っています。
石段を登るのはちょっと……という方にもお勧めですので、ぜひ行って見て下さい。

◆◆◆熊野速玉大社
場所:新宮市(那智勝浦町のお隣の市です)
かつうら御苑からの所要時間:お車で25~30分程度

【初詣に行こう:02】那智山青岸渡寺

初詣に行ける近場の神社仏閣をご紹介する「初詣に行こうシリーズ」。
本日ご紹介するのは、西国三十三番札所の一番札所としても有名な「那智山青岸渡寺(なちさんせいがんとじ)」です。
天台宗の寺院で、ご本尊は如意輪観世音菩薩になります。
ここも世界遺産の一つに含まれてるんですねぇ(*’ω’*)

那智山青岸渡寺

伝承では仁徳天皇の時代(4世紀)、天竺(インド)から渡来した裸形上人による開基とされ、同上人が那智滝の滝壺で得た金製の如意輪観音を本尊として安置したといわれています。

中世から近世にかけては、隣接する熊野那智大社とともに神仏習合の修験道場でしたが、明治時代に神仏習合廃止令で神社とお寺に分離しました。
「本堂」は推古天皇の時代に創建されたといわれていますが、現在までに数回改築されています。
現存の本堂は、織田信長の軍勢に焼き討ちされた後、豊臣の弟・秀長が再建させたものです。

歴史的には熊野那智大社と同じぐらい古いはずなのですが、見た目の雰囲気は青岸渡寺のほうが古く感じます。
熊野那智大社とは隣接していますので、一緒に参詣頂けます(*’ω’*)
お正月にお越しのお客様は、ぜひ行って見て下さい。

◆◆◆那智山青岸渡寺
場所:那智勝浦町那智山(500段近い石段を登ります)
かつうら御苑からの所要時間:お車で15~20分程度

【初詣に行こう:01】熊野那智大社

本日の那智勝浦はお天気もいいので、綺麗な星空がご覧いただけると思います(*’ω’*)
ロマンチックな夜空の下、ぜひぜひ温泉でゆっくりお寛ぎください♪

さてさて、クリスマスが終わればすぐお正月!
お正月といえばやっぱり初詣ですよね。
お願い事をしたり、目標を新たに誓ったり……心を切り替えて、一年のスタートを切りたいものです。
簡単にではありますが、かつうら御苑近辺で、初詣に行ける神社仏閣を年末までにご紹介していきたいと思います。

熊野那智大社

まず一番最初にご紹介するのは、「熊野那智大社」です。
世界遺産にもなっている、熊野三山のひとつとしても知られています。

主祭神は「熊野夫須美神(くまのふすみのかみ)」イザナミノミコト。
”結びの神様”といわれることから『縁結び』を連想する方が多いのですが、願いを結ぶ、(恋愛以外の)人との縁を結ぶ、といった意味合いが大きいのだそうです。
また、女性の神様ということで、私が子どものころは『カップルで那智山に行くと、神様がやきもちを焼いて別れることになる』という都市伝説(田舎ですが……)があったのですが、神主さんいわく『神様はやきもち焼きません』とのこと(*´ω`*)
まあうん……そうですよね……。

お参り順序としましては、除夜の鐘がなり始めるころに家を出て、那智大社にお参りして、隣の青岸渡寺にもお参りして、帰りに那智の滝に寄って来るのが地元民コースです( ´▽`)
(私は寒いので那智の滝は省きます……)
お正月にお越しのお客様は、ぜひ行って見て下さい。

◆◆◆熊野那智大社
場所:那智勝浦町那智山(500段近い石段を登ります)
かつうら御苑からの所要時間:お車で15~20分程度

【館内探検015】クリスマス風景♪

先日はクリスマス風のフルーツの盛り付けをご紹介しましたが、本日はベタにクリスマスツリーをお見せしたいと思います。
一概に「クリスマスツリー」といっても、色合いや飾り付けで、色々な雰囲気のものがありますよね(*´ω`*)

当館のツリーはパープル系の飾りが目を引く、ちょっと大人っぽい感じです。
バイキング会場のレストラン前に設置しております。

当館的にはお正月のほうが一大イベントなのですが、クリスマスの飾りもところどころにしています。
ちなみにお正月は餅つきイベントなんかも開催予定ですよ(*’ω’*)
詳細が決まればこちらのブログでもご案内いたしますね。

まぐろ祭り開催記念おもてなしキャンペーン

今日はお得情報のご案内ですよ~!
2016年1月30日(土)のまぐろ祭り開催を記念して、「まぐろ祭り開催記念おもてなしキャンペーン」が実施されます♪

◆◆◆まぐろ祭り開催記念おもてなしキャンペーン
期間:1月29日(金)~31日(日)の3日間
内容:まぐろマップを持参し、キャンペーンに参加している店舗でサービスを受けられます

▼詳細はこちら(那智勝浦観光協会様のWEBサイト内/PDF)
http://www.nachikan.jp/index.php/download_file/view/671/1/

「まぐろMAP」は那智勝浦町内の宿泊施設、旅館組合、観光協会などで入手いただけます。
また、那智勝浦町観光協会のホームページトップ(http://www.nachikan.jp/)からもダウンロードできます♪

お食事処でお昼ごはんのときに一品サービスですとか、お買い物のときに割引があったりですとか、サービスは色々(*´ω`*)
この時期にお越しになる方はぜひご利用になってください。

【館内探検014】盛り付けもクリスマス風♪

早いもので、後一週間でクリスマス・イブですね。
旅館的には年末年始のほうが一大イベントなのですが、ところどころクリスマスのディスプレイもしてますよ~。
そう、たとえばこんなところとか!

クリスマス♪

レストランバイキングのフルーツのお皿にスノーマンが(*´ω`*)
洗練されたディスプレイももちろん素敵ですが、個人的にはこういう地味な演出(スノーマン作った方すみませぬ……)を見ると嬉しくなります。
(でも何故モミジの葉!?)Oo。(;´Д`)

体育文化会館のイルミネーション

冬の夜の楽しみの一つといえばイルミネーションですよね。
関西ではルミナリエやUSJ、なばなの里なんかがよくテレビに映りますが、個人のお宅でも綺麗な飾り付けをされているところもあって、いい感じです(*’ω’*)

上記にあげたテーマパークとは比べ物にならない規模ですが、那智勝浦町でも毎年イルミネーションやってます!
場所は、わかやま国体の会場にもなった「体育文化会館」。
地元の方々の地味~なデートスポットになっています。

イルミネーション

南紀勝浦ということで、マグロのイルミネーションも!(*´ω`*)

イルミネーション

分かりづらいですが、こっちはイルカ!
夜のライトの撮影って難しいですね……。
当館からも徒歩で移動いただける距離ですので、夜のお散歩がてらにでもいかがですか?
星空の下、イルミネーションを楽しんだ後は、温泉でしっかり温まってください(*’ω’*)

◆◆◆体育文化会館イルミネーション
期間:12月11日(金)~1月5日(火)
時間:17時~22時(12月24・25日は24時まで)
場所:那智勝浦体育文化会館前
かつうら御苑からの所要時間:お車で1分程度(徒歩で5~10分)

那智の滝のしめ縄張替

もうすぐお正月!
みなさま年末大掃除はお済みでしょうか?

那智の滝

お正月に向けて那智の滝も注連縄(しめなわ)を張替えいたします。
那智の滝のしめ縄張替えは、7月9日(例大祭の那智の火祭りの前)と、年の暮れの12月27日の2回。
落差133メートル(この落差が日本一なのです!)もある滝の滝口で、神職さんが張替えをする様は、下から見ていても足がすくんできそうです(;´Д`)

以前張替えに参加されている神主さんに聞いたのですが、滝に落ちていく川の水に足をつけて行うので、水の冷たさと水の流れの強さに、滑りそうになると話されていました。
ご神事の一環とはいえ、それは怖いわぁ……(´д`|||)

年末にはライトアップもありますので、新しいしめ縄で綺麗になった那智の滝を、ぜひご覧になってください(*´ω`*)

◆◆◆御滝注連縄張替式
開催期間:12月27日(日)
開催地:那智の滝
かつうら御苑からの所要時間:お車で15分程度

海の蝶に行ってきました!

昨日12月10日、グループホテルの伊勢志摩「旅荘 海の蝶」の会議に行って来ました。

南紀勝浦から伊勢志摩まで、車で2時間半程度。
ところどころに自動車道が出来て、かなり所要時間も短縮されましたo(^-^)o
「海の蝶」も当館と同じく海のそばにあるんですが、場所が違えば海の雰囲気も違うものなんですね。
当館から見える熊野灘はひろびろ~って雰囲気で「雄大な海」な印象なのですが、伊勢志摩の海は静かで落ち着いた「母なる海」という印象でした。(天気もあるかと思いますが……)
残念ながら外の写真を撮れなかったのですが、広い庭が綺麗で、とっても落ち着いた雰囲気のお宿でした。

海の蝶の料理

夕食は会席をご馳走になりましたが、美味しくて、飾りつけもセンスいいな~と感心しつつ頂きました。
写真はお刺身!
伊勢海老はもちろんですが、真珠貝の貝柱が珍しくて美味しかったです。
今度は家族と一緒に来てみたいな~(*´ω`*)

第22回まぐろ祭りのご案内

毎年これをお目当てに勝浦にお越しの方もいらっしゃる「まぐろ祭り」。
来年は1月30日(土)9:00~開催です(*’ω’*)

まぐろ祭り

南紀勝浦ならではのまぐろづくしのイベントですよ!ヽ( ´▽`)ノ
たとえば……

・まぐろ一刀造りショー(ショーの後、無料振舞いがあります)
・まぐろ汁の無料振舞い(9:30~なくなり次第終了)
・まぐろの中落ち無料振舞い(9:30~なくなり次第終了)

ちなみに「中落ち」というのは、中骨についた身をそぎ落としたもの。
すっごく美味しいですよ( ´¬`*)

この他、生まぐろのや地元海産物品の即売市や、漁協女性部がつくったまぐろ丼の販売など、お店も色々。
まぐろがメインではあるんですけど、普段よりもお値打ち価格で買い物が出来るので、地元の人は買い物目当てで出かける方が多いです。
まぐろ祭りのラストはもちろん、みんな大好き餅まきです。
ああ行きたい……(*´ω`*)

前日の1月27日(金)にご宿泊なさってお出かけするのがおすすめです。
ぜひぜひ、当館でまぐろを味わわれた後、まぐろ祭りで楽しんで行ってください♪

◆◆◆第22回まぐろ祭り
開催日時:平成28年1月30日(土)午前9時~
場所:勝浦漁業協同組合魚市場
かつうら御苑からの所要時間:徒歩で15分程度