「観光情報」の記事一覧

【熊野古道を歩こう】4~県道沿いの温泉

国道42号線から那智の滝方面へのびる「県道46号線」に沿ってご紹介していく、【熊野古道を歩こう】シリーズ、第4回は歴史から一度離れて、おもしろ系に行ってみようと思います。

熊野曼荼羅

今回ご紹介しますのは「那智参詣曼荼羅」でいうとこの辺り。
熊野詣が盛んだった時代、熊野古道にはいくつもの関所があったそうです。
曼荼羅には、通行料が払えず追い返されている人や、仕事を求める人などが描かれています。
(公家の行列に荷物持ちなどで雇ってもらって、関所を通してもらうんですって。通行料を支払ってくれる公家にも『徳を積む』というメリットがあったとか。まさにWin-Winの関係!( ´▽`))

今もこの辺りは、井関(いせき)、川関(かわせき)と「関」のついた地名が残っており、関所があった名残だといわれています。

さてさて、那智勝浦といえば、世界遺産、まぐろ、そして温泉(*´ω`*)
今日お見せしたいのはこちら! 道端に湧いている温泉です!
川関の県道沿いにあります。

豚の温泉

県道のカーブ沿いにあるので「カーブの温泉」「曲がり口の温泉」
昔すぐ裏手に養豚場があったので「豚の温泉」
犬のシャンプーによく利用されるので「犬の温泉」
……など、私が知っているだけでも複数の名前がありますが、正式名称は不明です( ´▽`)
ちなみに私は「豚の温泉」派です♪

この温泉、2010年にTV番組の「ナニコレ珍百景」に「恥ずかしすぎる露天風呂」としてノミネートされたことがあります。
(残念ながら登録はされませんでした(´・ω・`)
番組では『地元の人が犬を洗うために、温泉をひいてシンクを設置したものなのだそう(TV朝日の公式サイトより)』と紹介されましたが、犬が洗われるようになったのはここ20年ぐらいの話で、温泉自体は50年以上前から湧いています。
地元の人が洗濯に使ったり、お風呂に使うのにタンクに汲んだり……私も子供の頃は、毎週土曜の午後は上履きを洗いに行ったものです(*’ω’*)
(お湯なので汚れがよく落ちました)

本当に温泉が湧いているだけで施設がある訳ではないのですが、県道沿いの通り道ですので、ちょっと車を停めて見てみてください(*´ω`*)

◆◆◆カーブの温泉/曲がり口の温泉/豚の温泉/犬の温泉
場所:JR那智駅から那智山方面へ 県道46号線沿い
かつうら御苑からの所要時間:お車で5分程度

【熊野古道を歩こう】3~補陀落山寺《3》

補陀落山寺のすぐ隣に神社がありまして……
その名も『熊野三所大神社』!

熊野三所大神社

おおぅ、名前からしてすごそう(;´Д`)
も、もしかして、全国にある熊野神社の総本山がこことか!?
なんてことは特にないみたいですが
「熊野三山」として知られている熊野那智大社、熊野本宮大社、熊野速玉大社、それぞれのご祭神である、夫須美大神・家津美御子大神・速玉大神の三神を主祭神とすることが名称の由来とされています。
主祭神像三躯、は国の重要文化財に指定されているそうです。

熊野三所大神社

だからお参りするところも3つ!
前回ご紹介した「補陀落山寺」とともに、平安時代から書物に名前が載っておりまして、古くから「補陀落渡海」の前に行者が参拝したり、熊野詣で訪れた人が、熊野那智大社への参拝前に立ち寄って身を清めたりしたとの記録があります。

九十九王子のひとつである浜の宮王子の社跡に建つため、浜の宮大神社(はまのみやおおみわしろ)とも呼ばれる。
(Wikipediaより)

へぇ~>( ´¬`)

熊野三所大神社

地元では「浜の宮の神社」っていう人が一番多い気がします。
何のひねりもないですね……(*´ω`*)
ちなみに『九十九王子(くじゅうくおうじ)』というのは

熊野古道沿いに在する神社のうち、主に12世紀から13世紀にかけて、皇族・貴人の熊野詣に際して先達をつとめた熊野修験の手で急速に組織された一群の神社をいう。
参詣者の守護が祈願された。(Wikipediaより)

なお、シリーズで紹介予定の県道沿いコースでは、この後2箇所の「王子」があります。
『九十九』は数が多いという表現で使われていて、実際は90もないらしいです。
熊野那智大社と那智山青岸渡寺が隣接しているので、神社とお寺がくっついているのは普通だと長年思っていたのですが、実は珍しいそうですね。

熊野信仰は、神道や仏教や修験道が混然一体となってつくられた、神仏習合。
明治の神仏分離で完全分離になったところも多いですが、いたるところで神仏習合の名残が残っています。
この『熊野三所大神社』もそんな名残を見ることが出来る場所。
那智の滝観光に行かれる通り道ですので、立ち寄ってみてはいかがですか?

◆◆◆熊野三所大神社
場所:JR那智駅から那智山方面へ 県道46号線沿い
かつうら御苑からの所要時間:お車で3分程度

【熊野古道を歩こう】2~補陀落山寺《2》

昨日に引き続き、補陀落山寺のご紹介です。
補陀落山寺といえば、有名なのは補陀落渡海(ふだらくとかい)。
井上靖の短編小説の題材にもなっているので、内容をご存知の方もいらっしゃるかと思います。

中世日本では、遥か南の海の果てにこの「補陀洛」が存在すると信じられていて、これを目指して船出することを「補陀洛渡海」と称しました。(補陀落山寺の立て札より)

……これだけ聞くと「へえ~」ぐらいしか思いませんよね?(´・ω・`)

「補陀洛渡海」の基本的な形態は、南方に臨む海岸に渡海船と呼ばれる小型の木造船を浮かべて行者が乗り込み、そのまま沖に出るというものである。
その後、伴走船が沖まで曳航し、綱を切って見送る。
場合によってはさらに108の石を身体に巻き付けて、行者の生還を防止する。(Wikipediaより)

ちょっと待って、そんなことしたら死んじゃう(´д`|||)
そう、「補陀洛渡海」は捨て身行のひとつで、補陀落山寺の住職さんは60歳になると海に流されていったそうです。
昔は60歳といえば寿命全うしたって解釈だったのかなあ。
現在の感覚で言えば、60歳の方なんてめちゃめちゃ元気ですけど……(´・ω・`)
ただこの風習も、江戸時代には、既に死んでいる人物の遺体を渡海船に乗せて水葬で葬るという形に変化したそうです。
ちょっと安心。

補陀落山渡海船

境内には、補陀洛渡海船のレプリカ(実物大)が展示されています。
これが案外小さくて……外海に出たら相当ゆれたんではないかと思います。
真ん中の箱の中に行者が入り、外から釘を打って出られないようにしたそうです。
四方に鳥居が取り付けられています。

補陀落山渡海船

補陀落山渡海船

昔の方は小柄だったとはいえ、かなり小さな箱。
四つんばいで入らないといけないぐらい狭いです(。・ω・)

補陀落山寺

那智の浜からは25人の観音の信者が補陀落を目指して船出したと伝えられており、境内にある石碑に名前が刻まれています。
平安前期の貞観十年(868)の慶龍上人から江戸中期の亨保七年(1722)の宥照(ゆうしょう)上人まで25人。
貞観といえば、源氏の発祥元となる清和天皇の時代。
そんな遠い昔から、暴れん坊将軍の時代(享保)までの800余年の間、人の考え方や文化も変わっただろうに、ずーっとこのこの捨て身行が続いていたことは興味深いものがあります。

次回は補陀落山寺の隣の神社をご紹介します( ´▽`)ノ

【熊野古道を歩こう】1~補陀落山寺《1》

世界遺産の「那智の滝」「熊野古道」を目当てに来られる方が多いと思います。
でもでも、那智の滝までの間にも(規模は小さいながら)見所はあるんですよ~。
「熊野古道」は熊野詣に利用された古い道の総称ですが、ここでは海岸沿いの国道42号線から、那智の滝方面へ伸びている県道沿いにご紹介していきたいと思います。
というのも、那智参詣曼荼羅に描かれているエリアがその辺だから(*´ω`*)

熊野曼荼羅

◆那智参詣曼荼羅(なちさんけいまんだら)とは……
16~17世紀(室町時代)にかけてつくられた、熊野への参詣者を誘うための絵図。
熊野比丘尼(くまのびくに)とよばれる女性たちが全国をまわり、曼荼羅を見せながら「熊野はこんなにありがたいところなのですよ~、お参りすると徳がありますよ~」と宣伝したそうです

ということで、勝手に始まりました「熊野古道を歩こう」シリーズ、記念すべき第1回は補陀洛山寺(ふだらくさんじ)です。

補陀落山寺

補陀洛山寺は天台宗の寺院で、世界遺産の一部と認定されています。
補陀落とは古代サンスクリット語の観音浄土を意味する「ポータラカ」の音訳といわれています。

ポータラカ→ふだらく ……?(;´Д`)

中世日本では、遥か南の海の果てにこの「補陀洛」が存在すると信じられていて、これを目指して船出することを「補陀洛渡海」と称しました。
船出した「那智の浜」(海水浴場:ブルービーチ那智)が近くにあるからか、熊野年代記や平家物語などの古書には「浜ノ宮」「渚ノ宮」という名前で記録が残っているそうです。
現在も補陀洛山寺周辺は「浜の宮」という地名で呼ばれているんですけども、とても古い呼び名なんですねえ……(*´ω`*)

補陀落山寺

本日は、新古今和歌集におさめられている衣笠内大臣の歌で〆たいと思います。
「渚の森」は現存はしていませんが、色々想像するのもロマンを感じますね(*´ω`*)

むらしぐれ いくしほ染めてわたつみの 渚の森の 色にいづらむ

補陀洛渡海については次回(*’ω’*)ノ

ヤタガラスの石碑

本日の那智勝浦は今にも雨が降りそうな曇り空で、ちょっと鬱陶しい感じです。
さてさて、今日ご紹介するのはこちら!
ヤタガラスの石碑です。

補陀落山寺

海岸沿いの国道42号線から那智の滝方面への県道にはいったところから、ところどころに建てられています。
熊野のご神鳥であるヤタガラスと、那智山までの距離が彫られています。

ヤタガラスは、日本代表のサッカーのユニフォームにも使われているので、ご存知の方も多いかと思います。
足が三本あるカラスで、その昔、神武天皇が熊野に来られたとき、道案内をしたと言われています。
この石碑、1988~1989年頃に各市町村に一億円が交付されて話題になった「ふるさと創生事業」で造られたそうです。
一億円のほとんどは公共事業に遣われて、少し残ったお金で造ったんだとか。
熊野古道を歩く方の距離の参考にもなるし、旅行者の方が写真を撮ったりしているので、けっこう役に立ってるんではないかと思います。

阿弥陀寺でリンドウが見ごろ

お昼のニュースで見たんですけども、町内にある「阿弥陀寺(あみだじ)」で、アサマリンドウの花が見ごろだそうです。

アサマリンドウとは……
紀伊半島や四国などで見られるリンドウ科の多年草です。
色は青紫で、TVで見る限り、背の低いリンドウって感じでした。
阿弥陀寺の境内には、なんと数千株が自生しているそう。
10月初めから、5センチほどの大きさの花が咲き始めていて、今週いっぱいまでは見ごろなんですって(*’ω’*)

阿弥陀寺

ちなみに阿弥陀寺というのは
那智勝浦町内にある「妙法山(みょうほうざん)」という海抜749mの山にある、真言宗のお寺です。
宗派にかかわらず、地元では「お髪あげ」という、遺髪や遺骨を分骨箱に入れて納める風習もあり、阿弥陀寺は黄泉の国への入り口とされているのだそうです。

那智の滝の先にある「那智山見晴台」よりさらに山の上のお寺なので、なかなか行くのは大変かと思いますが、機会があれば行って見てください。
静かで雰囲気のあるいいところですよ~(*´ω`*)

◆◆◆妙法山阿弥陀寺
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町南平野2270-1
かつうら御苑からの所要時間:お車で30分程度

熊野曼荼羅

朝はめっきり寒くなってきましたが、みなさまお風邪などひかれてませんか?
さてさて、昨日10月25日に「あげいん熊野詣」の様子を撮影しに行ったんですが、道沿いや周辺の写真をたくさん撮ってきました☆
世界遺産というだけあって、那智の滝や熊野古道、熊野那智大社などは知名度の高いスポットなのですが、それ以外にも見所はポツポツとあります!
(見所満載です!とは書きづらい……(;´Д`)

どちらかといえば「熊野古道に行くついでに寄ってみようかな?」的なものが中心になると思いますが、以前ブログでご紹介したこともある「熊野曼荼羅」に載っているエリアを紹介していこうと思います。

熊野曼荼羅

◆那智参詣曼荼羅(なちさんけいまんだら)とは……
16~17世紀(室町時代)にかけてつくられた、熊野への参詣者を誘うための絵図。
熊野比丘尼(くまのびくに)とよばれる女性たちが全国をまわり、曼荼羅を見せながら「熊野はこんなにありがたいところなのですよ~、お参りすると徳がありますよ~」と宣伝したそうです

ちなみに、かつうら御苑は曼荼羅でいうと左下隅あたりにあります(*´ω`*)

【ご近所探検003】レンタサイクルのご紹介

本日の那智勝浦は、朝は小雨が降っていたのですが、お昼前には晴天でした。
空気がカラッとしてていいですねヽ( ´▽`)ノ
こんな季節はドライブも良いですが、ハイキングやサイクリングも楽しいですよね~♪

割と知られてないことなのですが、那智勝浦町観光協会(JR紀伊勝浦駅内)では、レンタサイクルもあるんですよ~(*’ω’*)
足湯めぐりやちょっとした散策には、駐車スペースをあまり考えずに済む自転車は最適です。

レンタサイクル

気になるお料金は以下の通り
※1時間以内 300円
※3時間以内 500円

おすすめコースも考えてみたのですが、ちょっと所要時間がわからないので、あらためて実際に走って計ってみます(`・ω・´)ヾ
明日のブログ更新がなかったら、自転車でこけたと思ってください……(;´ー`)

熊野牛王符

日本には雪が降っている地域もあるというのに、那智勝浦は暑いです(´・ω・`)
今日はもう半袖でも良いよ……。
さてさて、本日は「熊野牛王符(からすごおうふ)」をご紹介したいと思います。
熊野牛王符は、熊野那智大社・熊野速玉大社・熊野本宮大社の「熊野三山」で配布される神札です。
(ぺラッとした1枚和紙に木版と朱印を施していて、社頭では4つ折にした神符を封筒に入れて置いています)

熊野牛王符

画像をご覧頂くとお分かりのとおり、烏がたくさんあしらわれています。
これは「烏文字」といって、烏の絵で文字を表しているんだとか。
熊野三社それぞれ、図案は違います。
画像は那智大社のものですが、「那智瀧宝印」と書いているそうです。
『那智』はなんとなく読めますが、瀧宝印は読みづらいわぁ)Oo。(´・ω・`)

気になるご利益ですが、大きく分けて魔よけか誓約書に使われます。
魔よけの場合は、かまどや玄関に貼ると、火難避けや泥棒避けになるそうです。
誓約書として使用する場合は、牛王符の裏にきせい起請文を書くことで、誓約内容を熊野権現に誓ったことになります。
誓約を破ると、熊野権現の使いであるカラスが一羽(一説に三羽)死に、約束を破った本人も血を吐いて死に、地獄に落ちるとか。
怖いよ(|||´Д`)

熊野三社にお越しになった際には、お求めになってみてはどうでしょうか?

色川探訪・6~宝泰寺山門

10月も、早くも1/3が過ぎました。
明日から連休ですが、みなさまご予定はたてられましたか?
南紀は紅葉にはまだ早いですが(暖かいので……)カラッとした気候で、行楽におすすめです。
当館にお越しいただければ一番うれしいですが、日帰り旅行でも、他の旅館さまにお泊りでもいいので、和歌山県に遊びに来てほしいです!(*´ω`*)

さてさて、今日も那智勝浦町色川地区の紹介をしようと思います。
本日ご紹介するのはこちら! 宝泰寺(ほうたいじ)の山門です。
臨済宗のお寺で、車道から急な石段を50段ほど登ったところにあります。
しんどいので、愛犬に引っ張ってもらって登りました……(;´Д`)
色川に縁があるとされる、平清盛の孫「平維盛(たいらのこれもり)」の菩提寺だといわれています。
現在は住職さんはおらず、法事のときは太地町の東明寺の住職さんが出張してきています。

宝泰寺山門

宝泰寺山門

◆宝泰寺山門(町指定文化財)
この山門は屋根が四本の角柱で支えられ、前後の柱間に円柱があり棟を支えています。
瓦葺き、総けやき造りの風雅で古風な山門です。
高さ4.7メートル、地積は13平方メートル、角柱は22センチメートル四方、円柱の直径は23センチメートルです。(立て看板より)

田舎のお寺に似合わない、立派な山門が目を引きます。
ちょっと高い場所にあるので見晴らしもよく、個人的に好きな散歩コースのひとつです( ´¬`)