スタッフブログ

「観光スポット」の記事一覧

近辺の海水浴場2◆玉の浦海水浴場

週末は晴れ間が続くそうで、お出かけ日和みたいですね。
本日も昨日に引き続き、近辺の海水浴場をご紹介いたします。
第2回はこちら!「玉の浦海水浴場(たまのうらかいすいよくじょう)」です!
メジャー度で行けば、今回は太地町の「くじら浜海水浴場」なのですが、玉の浦が個人的に好きなので……(*´ω`*)

玉之浦海水浴場

※写真は那智勝浦町役場公式サイトからお借りしました
地元での通称は「粉白(このしろ)の浜」「下里の浜」など……(*’ω’*)
ブルービーチと違って、海の家などの観光向け施設は一切ないのですが、ここのいいところは、とにかく遠浅!
(逆に言えば、すぐ泳ぎたい方にとってはなかなか泳げる深さのところに行けないという……)

快水浴場100選・特選のブルービーチと比べても、水や砂の美しさは遜色ありません。
海の家などがない分、静かですし、水の綺麗な遠浅の浜は、特に小さなお子様連れの方にお勧めです(*’ω’*)
私も子供のころは家族でよく行きました!
近辺にはお店がありませんので、お飲物などは事前にご用意なさってください。
また、海水浴場内でのキャンプ及びバーベキューは禁止ですのでご注意くださいませ。

◇名称:玉の浦海水浴場
◇場所:那智勝浦町内下里(JR下里駅から徒歩15分/バス停「粉白」すぐ前)
◇かつうら御苑からの所要時間:お車で15~20分
◇海開き…7月15日(金)(遊泳期間は8月14日まで)
◇無料の設備…シャワー(冷水のみ)・トイレ・更衣室
◇有料の設備…駐車場(500円)
◇お問い合わせ先…那智勝浦町観光協会(電話 0735-52-5311)

★おすすめポイント★
※とにかく遠浅!
※すぐ近くには日本一短い川「ぶつぶつ川」があります

近辺の海水浴場1◆ブルービーチ那智

いよいよ7月も間近ですね。
南紀勝浦といえば世界遺産・熊野古道や温泉、まぐろなど色々ありますが、夏はやっぱり海水浴ではないでしょうか(*´ω`*)
ということで、海水浴シーズンに向けて、近辺の海水浴場をご紹介していこうと思います。

ブルービーチ那智

第一回にご紹介するのはこちら! 「ブルービーチ那智」です。
地元での通称は「那智の浜」(*’ω’*)
環境省が選ぶ「快水浴場百選」の中でも12ヵ所しかない『特選』に選ばれた、800メートルほどの砂浜が続く、県下最大の海水浴場です。

1999年に開催された「南紀熊野体験博」を機に、遊歩道が整備され、名称も「那智海水浴場」→「ブルービーチ那智」に改められた経緯があります。
花火大会をはじめ、夏のイベントのほとんどはこのブルービーチで開催されます。

◇名称:ブルービーチ那智
◇かつうら御苑からの所要時間:お車で5分弱
◇海開き…7月3日(日)
◇無料の設備…シャワー・トイレ・更衣室
◇有料の設備…駐車場(約250台駐車/2015年の料金:700円)

★おすすめポイント★
※8月1日(月)〜8月15日(月)の間、世界最大級のエアースライダー(滑り台)が登場します♪
※ブルービーチ那智の裏手には、町立の公衆浴場「丹敷の湯」があります。

ヤタガラスの石碑

本日の那智勝浦は今にも雨が降りそうな曇り空で、ちょっと鬱陶しい感じです。
さてさて、今日ご紹介するのはこちら!
ヤタガラスの石碑です。

補陀落山寺

海岸沿いの国道42号線から那智の滝方面への県道にはいったところから、ところどころに建てられています。
熊野のご神鳥であるヤタガラスと、那智山までの距離が彫られています。

ヤタガラスは、日本代表のサッカーのユニフォームにも使われているので、ご存知の方も多いかと思います。
足が三本あるカラスで、その昔、神武天皇が熊野に来られたとき、道案内をしたと言われています。
この石碑、1988~1989年頃に各市町村に一億円が交付されて話題になった「ふるさと創生事業」で造られたそうです。
一億円のほとんどは公共事業に遣われて、少し残ったお金で造ったんだとか。
熊野古道を歩く方の距離の参考にもなるし、旅行者の方が写真を撮ったりしているので、けっこう役に立ってるんではないかと思います。

阿弥陀寺でリンドウが見ごろ

お昼のニュースで見たんですけども、町内にある「阿弥陀寺(あみだじ)」で、アサマリンドウの花が見ごろだそうです。

アサマリンドウとは……
紀伊半島や四国などで見られるリンドウ科の多年草です。
色は青紫で、TVで見る限り、背の低いリンドウって感じでした。
阿弥陀寺の境内には、なんと数千株が自生しているそう。
10月初めから、5センチほどの大きさの花が咲き始めていて、今週いっぱいまでは見ごろなんですって(*’ω’*)

阿弥陀寺

ちなみに阿弥陀寺というのは
那智勝浦町内にある「妙法山(みょうほうざん)」という海抜749mの山にある、真言宗のお寺です。
宗派にかかわらず、地元では「お髪あげ」という、遺髪や遺骨を分骨箱に入れて納める風習もあり、阿弥陀寺は黄泉の国への入り口とされているのだそうです。

那智の滝の先にある「那智山見晴台」よりさらに山の上のお寺なので、なかなか行くのは大変かと思いますが、機会があれば行って見てください。
静かで雰囲気のあるいいところですよ~(*´ω`*)

◆◆◆妙法山阿弥陀寺
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町南平野2270-1
かつうら御苑からの所要時間:お車で30分程度

熊野牛王符

日本には雪が降っている地域もあるというのに、那智勝浦は暑いです(´・ω・`)
今日はもう半袖でも良いよ……。
さてさて、本日は「熊野牛王符(からすごおうふ)」をご紹介したいと思います。
熊野牛王符は、熊野那智大社・熊野速玉大社・熊野本宮大社の「熊野三山」で配布される神札です。
(ぺラッとした1枚和紙に木版と朱印を施していて、社頭では4つ折にした神符を封筒に入れて置いています)

熊野牛王符

画像をご覧頂くとお分かりのとおり、烏がたくさんあしらわれています。
これは「烏文字」といって、烏の絵で文字を表しているんだとか。
熊野三社それぞれ、図案は違います。
画像は那智大社のものですが、「那智瀧宝印」と書いているそうです。
『那智』はなんとなく読めますが、瀧宝印は読みづらいわぁ)Oo。(´・ω・`)

気になるご利益ですが、大きく分けて魔よけか誓約書に使われます。
魔よけの場合は、かまどや玄関に貼ると、火難避けや泥棒避けになるそうです。
誓約書として使用する場合は、牛王符の裏にきせい起請文を書くことで、誓約内容を熊野権現に誓ったことになります。
誓約を破ると、熊野権現の使いであるカラスが一羽(一説に三羽)死に、約束を破った本人も血を吐いて死に、地獄に落ちるとか。
怖いよ(|||´Д`)

熊野三社にお越しになった際には、お求めになってみてはどうでしょうか?

ヤギと散歩できるスポット♪

円満地公園

ちょっと当館からは離れたところにあるのですが、あまりにも気になるので紹介しちゃいます(*’ω’*)
那智勝浦町内に「にほんの里100選」に選ばれた「色川地区」というところがありまして、そこに「円満寺公園」というキャンプ場があるんですね。

円満寺公園には、この春頃から週末ヤギが2頭、出張してきています。
自然のサイクルで草を処理してもらおうという作戦ですね!
このヤギがなかなか人懐こくて、おとなしく触らせてくれるだけでなく、手をなめてきたりもします。
ヤギって意外と可愛い~( ´¬`)

そんなヤギですが、夏休みに入ってから一緒に散歩ができるようになってるんです!
2頭セットで30分500円。
すごく気になってるんですが、私が円満寺公園前を通るときはいつも犬の散歩中なので、残念ながらまだヤギの散歩には挑戦できていません。
キャンプに来られてる家族連れの方には好評みたいなので、きっとおすすめ……なはず!

◆◆◆円満寺公園
・場所:那智勝浦町色川
・かつうら御苑からの所要時間:車で45分程度

にぎわい広場(朝市)のご案内

猫の日といえば2月2日(ニャンニャン)だと思っていましたが、今日は「世界ネコの日」なんだそうです。
猫といえば、当館より徒歩20分程度の勝浦漁港周辺に行くと、猫がチラホラみられます。
(ほとんど飼い猫みたいですが……)
やっぱり魚のにおいが好きだからでしょうかね?(´・ω・`)
さてさて、今日は勝浦漁港のご紹介をしたいと思います。
話題のこじつけが苦しすぎじゃないかって? あーあー聞こえませーん(;・`д・´)

かつうら漁港

勝浦漁港はまぐろの水揚げ量日本一!
毎朝の競市(天候によって休みの場合もあります)は一般のお客様はご利用頂けないんですけど、毎週日曜日にはどなたでもご利用頂ける「にぎわい広場」が開催されます♪
普段は手に入りにくい食材もあるので、地元の方もけっこう利用されてるみたいです。
写真は毎朝やってるほうの競市です( ´¬`)
参加は出来ませんが、市場の2Fから写真撮影なんかできますよ~。

かつうら漁港

かつうら漁港

◆◆◆にぎわい広場
・場所:勝浦漁港すぐ横
・開催日時:毎週日曜日 午前8:00~午前11:00(祝日の臨時開催あり)
・かつうら御苑からの所要時間:徒歩20分程度
・詳細:http://www.nachikan.jp/midokoro/ichiba/
 (↑勝浦観光協会様のページに移動します)