スタッフブログ

「初詣に行こう」の記事一覧

【初詣に行こう:05】勝浦八幡神社

初詣に行ける近場の神社仏閣をご紹介する「初詣に行こうシリーズ」♪
今までご紹介したところは、お車で移動しないと厳しい場所でしたが……
「もうちょっと近いところないの?(´・ω・`)」
と思っちゃった方のために、徒歩圏内の神社もご紹介いたしますね!(*´ω`*)

勝浦八幡神社

ということで、本日ご紹介するのは「勝浦八幡神社(かつうらはちまんじんじゃ)」です。
主祭神は応神天皇。
日本書紀』には、譽田天皇(ほむたのすめらみこと)という名前で記載されていて、歴史学者の説によると「確実に実在が確かめられる最初の天皇」とのこと。
へぇ~(*’ω’*)

毎年9月の例大祭では、神輿を担いだまま海に飛び込むダイナミックな神事があります。
徒歩圏内ですので、お散歩がてらいかがですか?

◆◆◆勝浦八幡神社
場所:那智勝浦町勝浦
かつうら御苑からの所要時間:お車で5分程度/徒歩15分程度

【初詣に行こう:04】熊野本宮大社

初詣に行ける近場の神社仏閣をご紹介する「初詣に行こうシリーズ」♪
本日ご紹介するのは、『熊野三社』の三つめ、「熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)」です。

熊野本宮大社

主祭神は「家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)」=「須佐之男命(スサノオノミコト)」。
ヤマタノオロチ退治でも有名な神様ですね!(*’ω’*)

現在は山の上に建てられていますが、1889年(明治22年)の大洪水で流されるまで社地は熊野川の中州にありました。
現在、旧社地の中州は「大斎原」(おおゆのはら)と呼ばれ、日本一高い大鳥居(高さ33.9m、横42m、鉄筋コンクリート造、平成12年完成)が建っています。

那智大社や速玉大社が朱と白で鮮やかに塗られているのに対し、本宮大社は木の色そのままの落ち着いた雰囲気です。
かなり山中ではありますが、よければ行ってみてください(*´ω`*)

◆◆◆熊野本宮大社
場所:田辺市本宮町
かつうら御苑からの所要時間:お車で90分程度
(那智勝浦~国道42号線で新宮市へ/新宮市から国道168号線で本宮町へ)

【初詣に行こう:03】熊野速玉大社

初詣に行ける近場の神社仏閣をご紹介する「初詣に行こうシリーズ」♪
本日ご紹介するのは、熊野那智大社、熊野本宮大社とならんで『熊野三社』と呼ばれる「熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)」です。

主祭神は「熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)=伊邪那岐神(イザナギノミコト)」。
熊野那智大社の御祭神である、イザナミのミコトと夫婦の神様です。
ここも世界遺産の一つに含まれてますよ~(*’ω’*)

熊野速玉大社

速玉大社の見どころといえば御神木の「梛の木」でしょうか。
『ナギ』は『凪』に通じること、また、梛の葉は縦の繊維がしっかりしていて非常にちぎれにくいことから、葉や枝は護符になるとされています。
(梛の葉は縁結びのお守りになります(*’ω’*)

境内にあるご神木の梛の大樹は樹齢1000年以上と言われ、国の天然記念物とされています。
記録では、平清盛の子である平重盛が植えたそうです。

また、那智大社や本宮大社とは違って、速玉大社は石段を登らずに参詣できる平地に建っています。
石段を登るのはちょっと……という方にもお勧めですので、ぜひ行って見て下さい。

◆◆◆熊野速玉大社
場所:新宮市(那智勝浦町のお隣の市です)
かつうら御苑からの所要時間:お車で25~30分程度

【初詣に行こう:02】那智山青岸渡寺

初詣に行ける近場の神社仏閣をご紹介する「初詣に行こうシリーズ」。
本日ご紹介するのは、西国三十三番札所の一番札所としても有名な「那智山青岸渡寺(なちさんせいがんとじ)」です。
天台宗の寺院で、ご本尊は如意輪観世音菩薩になります。
ここも世界遺産の一つに含まれてるんですねぇ(*’ω’*)

那智山青岸渡寺

伝承では仁徳天皇の時代(4世紀)、天竺(インド)から渡来した裸形上人による開基とされ、同上人が那智滝の滝壺で得た金製の如意輪観音を本尊として安置したといわれています。

中世から近世にかけては、隣接する熊野那智大社とともに神仏習合の修験道場でしたが、明治時代に神仏習合廃止令で神社とお寺に分離しました。
「本堂」は推古天皇の時代に創建されたといわれていますが、現在までに数回改築されています。
現存の本堂は、織田信長の軍勢に焼き討ちされた後、豊臣の弟・秀長が再建させたものです。

歴史的には熊野那智大社と同じぐらい古いはずなのですが、見た目の雰囲気は青岸渡寺のほうが古く感じます。
熊野那智大社とは隣接していますので、一緒に参詣頂けます(*’ω’*)
お正月にお越しのお客様は、ぜひ行って見て下さい。

◆◆◆那智山青岸渡寺
場所:那智勝浦町那智山(500段近い石段を登ります)
かつうら御苑からの所要時間:お車で15~20分程度

【初詣に行こう:01】熊野那智大社

本日の那智勝浦はお天気もいいので、綺麗な星空がご覧いただけると思います(*’ω’*)
ロマンチックな夜空の下、ぜひぜひ温泉でゆっくりお寛ぎください♪

さてさて、クリスマスが終わればすぐお正月!
お正月といえばやっぱり初詣ですよね。
お願い事をしたり、目標を新たに誓ったり……心を切り替えて、一年のスタートを切りたいものです。
簡単にではありますが、かつうら御苑近辺で、初詣に行ける神社仏閣を年末までにご紹介していきたいと思います。

熊野那智大社

まず一番最初にご紹介するのは、「熊野那智大社」です。
世界遺産にもなっている、熊野三山のひとつとしても知られています。

主祭神は「熊野夫須美神(くまのふすみのかみ)」イザナミノミコト。
”結びの神様”といわれることから『縁結び』を連想する方が多いのですが、願いを結ぶ、(恋愛以外の)人との縁を結ぶ、といった意味合いが大きいのだそうです。
また、女性の神様ということで、私が子どものころは『カップルで那智山に行くと、神様がやきもちを焼いて別れることになる』という都市伝説(田舎ですが……)があったのですが、神主さんいわく『神様はやきもち焼きません』とのこと(*´ω`*)
まあうん……そうですよね……。

お参り順序としましては、除夜の鐘がなり始めるころに家を出て、那智大社にお参りして、隣の青岸渡寺にもお参りして、帰りに那智の滝に寄って来るのが地元民コースです( ´▽`)
(私は寒いので那智の滝は省きます……)
お正月にお越しのお客様は、ぜひ行って見て下さい。

◆◆◆熊野那智大社
場所:那智勝浦町那智山(500段近い石段を登ります)
かつうら御苑からの所要時間:お車で15~20分程度