スタッフブログ

「ご近所探検シリーズ」の記事一覧

【ご近所探検007】ブルービーチ那智へ行こう♪

ブルービーチ那智

今日は炎天下のもと、WEB掲載用の写真撮影で、ブルービーチ那智に行ってきました。

1999年に開催された『南紀熊野体験博』を機に「那智の浜」から「ブルービーチ那智」に改名しまして、遊歩道などが整備されました。
(でも地元の人は今でも『那智の浜』と呼びます)

和歌山県の海水浴場といえば白浜温泉の『白良浜』が有名ですが、ブルービーチは県下最大。
白良浜のように白い砂ではありませんが、水も砂も綺麗ですよ~(*’ω’*)

ブルービーチ那智

泳げる時期以外でも、遊歩道が意外といい感じかもしれません。
毎年8月11日に開催される花火大会の会場もここなのですが、屋台はこの遊歩道沿いに並びます。
遊歩道を行ったり来たりしつつ、買い食いと花火鑑賞をするわけですね(*´ω`*)
あ、もちろん当館からも花火はご覧いただけますよ~!

ブルービーチ那智

ブルービーチ那智

ちなみにかつうら御苑はこのあたりに見えます。
徒歩ですと20分ぐらいの距離でしょうか?
海開きは7月3日ですので、みなさまぜひ海水浴もお楽しみくださいませ。

【ご近所探検006】海辺をお散歩♪弁天島

今日は久しぶりの「ご近所探検シリーズ」行ってみたいと思います!ヽ( ´▽`)ノ
ちょっとその辺ブラブラしたいんだけど…… って方にお勧めの散歩コースのご案内です。
当館の客室の窓から右手にちょっとだけ見えてます赤い鳥居のある島。
時々お客様からも「あれ何ですか?」とお問い合わせをいただきます。
あれは「弁天島」といいまして、その名の通り弁天様を祀っている祠があります。

弁天島

では行ってみましょう( ´▽`)ノ
かつうら御苑の裏手の海沿いの通りを右に200メートル程度。
潮風が心地いい通りです。
この通りだけをブラブラされているお客様もいらっしゃいます。
この通りを抜けた後、ホテル一の滝さんの前を通り抜けると、目的地の弁天島が見えてまいります。

弁天島

ここ、干潮の時しか渡れないのです(*’ω’*)
金田○少年とかコ○ンがいたら、確実に殺人事件の舞台になりそうな感じです。
今回は渡って写真を撮りたかったので、干潮に合わせて行ってみました。

弁天島

……とはいえ、ちょっと行くのが遅かったので、渡っている最中に潮が満ちてきました。
これは急がねば!!(;´Д`)

弁天島

目的地到着 ヽ( ´▽`)ノ
ここでは「白蛇弁天」を祀ってまして、金運アップ・航海安全のご利益があるそうです。
私もお参りしてきました。
給料があがりますように これからも多くのお客様がお越しくださいますように(*´人`*)

弁天島

↑《おまけ》弁天島から見たかつうら御苑

【ご近所探検006】モチーフはまさかの○○○!?

日に日に暖かくなってきましたね~(*´ω`*)
冬は晴れてさえいれば、客室から那智の滝が見えたのですが、最近は霞がかかってよく見えない日も。
これが春霞? それとも黄砂? まさかの花粉!?
いやいや、PM2.5……?(|||´Д`)

考えただけで鼻がムズムズしてきそうなので、話題を変えましょうか……(´・ω・`)
気分を変えて、今日ご紹介するのはこちらです♪
私が個人的に大好きな、ケーキ店「an寿an」さんで販売されてたコレ!(写真撮影の許可を頂いてます)

SHIBIKO

赤地&ピンク地に白の斜めストライプが鮮やかな風呂敷とハンカチ。
那智勝浦町発の雑貨ブランド「SHIBIKO」というそうです。
「SHIBIKO」……シビコ? あれ?(;´Д`)

SHIBIKO

そう、この斜め模様、マグロの切り身がモチーフになってるんです。
まさかのマグロの切り身柄!
いやでも、サン○オにもきりみちゃんとかいるし、普通なのかな……?

ちなみに「シビコ」とはまぐろの子ども(まぐろの卵のことも)です。
この辺ではまぐろのことを「シビ」というので、タラコ的な呼び方で「シビコ」なんですね。
隅にはブランドロゴとマグロのシルエットが入っていますが、ばれなければ普通のハンカチとしても使えそうです。

SHIBIKO

SHIBIKOブランドを置いてある「an寿an」さんは、紀伊勝浦駅から徒歩2分程度、紀陽銀行さんの向かい側にあります。
みなさまも一枚いかがでしょうか?(*´ω`*)

【ご近所探検005】足湯~滝の湯~のご案内

先週、勉強会で大阪へ出張してきました。
勉強になるお話を聞かせていただいたり、他の宿泊施設を見たりと興味深い時間を過ごしてきました。

今回JRで行って来たんですけども、紀勢本線(きのくに線)の、海をみながらの列車の旅は、やっぱりいいな~と実感しました。
普段は身近すぎて、海を見ても「ふーん」としか思わないのですが、開放感のある海のある景色ってホッとするものですね。

足湯

さてさて、今日ご紹介しますのは、電車に乗る前に撮影してきた駅前の足湯「滝の湯」です。
JR紀伊勝浦駅のすぐ前にあります。
駅周辺では無料の足湯が3箇所ありまして、ここ以外では漁港のそばに「海の湯」「まぐろの湯」があります。
もちろん全部無料ですよ~。

足湯

源泉が同じなのでどれも泉質は同じですが、源泉に近いほうが若干熱いとのことで

(高い)まぐろの湯>>>海の湯>>>滝の湯(低い)

となっております。
とはいえ、浸かってもあんまり違いは分からないのですが……(;´Д`)

足を温めると、血流もよくなって体中がぽかぽかするともいいますし、ぜひ無料の足湯でもお楽しみいただきたいです♪
バスや電車の待ち時間にいかがですか?

◆◆◆滝の湯
場所:JR紀伊勝浦駅すぐそば
かつうら御苑からの所要時間:徒歩15分程度

【ご近所探検004】SLのある公園

三連休も終わりましたが、みなさま楽しく過ごされましたでしょうか?
今日は久しぶりの「ご近所探検シリーズ」行ってみたいと思います!ヽ( ´▽`)ノ

今回ご紹介するのはここ!
紀伊勝浦駅から徒歩3分程度、那智勝浦町役場のすぐそばににある小さな公園です。
(公園に名前があるのかどうかは謎です)

写真でバレバレですが、この公園、なんとSL機関車が置いてあるんです♪
通称C58、国鉄C58形蒸気機関車という種類なんだそうです。
こういうの、保存SLって言うんですってね~。

SL公園

海風の届く場所なので、塩害で痛みの目立つ車両だったのですが、何年か前に鉄道好きの有志が集まって、綺麗に補修されました。
写真で見ても綺麗でしょ?(*’ω’*)

当然ながら、公園の通称は「SLの公園」です( ´¬`)
昔から見慣れたものだったのでスルーしていたのですが、「もしかしてこれ珍しいんじゃ!?」と思い立って撮影してきました!
お天気の良い日なんか、お散歩がてらにいかがですか?

◆◆◆保存SL-C58
場所:那智勝浦町役場のすぐそば(JR紀伊勝浦駅より徒歩3分程度)
かつうら御苑からの所要時間:徒歩15分程度

【ご近所探検003】レンタサイクルのご紹介

本日の那智勝浦は、朝は小雨が降っていたのですが、お昼前には晴天でした。
空気がカラッとしてていいですねヽ( ´▽`)ノ
こんな季節はドライブも良いですが、ハイキングやサイクリングも楽しいですよね~♪

割と知られてないことなのですが、那智勝浦町観光協会(JR紀伊勝浦駅内)では、レンタサイクルもあるんですよ~(*’ω’*)
足湯めぐりやちょっとした散策には、駐車スペースをあまり考えずに済む自転車は最適です。

レンタサイクル

気になるお料金は以下の通り
※1時間以内 300円
※3時間以内 500円

おすすめコースも考えてみたのですが、ちょっと所要時間がわからないので、あらためて実際に走って計ってみます(`・ω・´)ヾ
明日のブログ更新がなかったら、自転車でこけたと思ってください……(;´ー`)

【ご近所探検002】夫婦杉

来週はシルバーウィーク!
みなさま連休のご予定はお決まりでしょうか?
少しずつですが涼しくなって来てますので、熊野古道散策もしやすくなってきたかなと思います。

本日はご近所探検シリーズ第二段!
メジャーどころですが、夫婦杉(めおとすぎ)のご紹介をしたいと思います。
世界遺産・熊野古道の中でも代表格の「大門坂(だいもんざか)」。
国立公園でもある熊野原生林の中、苔むした石段が続く神秘的な空間です。
点在する熊野古道の中でも一番整備されているので、観光で来られた方にもオススメ(*’ω’*)

夫婦杉

大門坂の入り口にそびえる大きな杉の木が「夫婦杉」です。
『樹齢800年』という触れ込みですが、うちの親が子どもの頃もそう言われていたらしいので、そろそろ樹齢850年にはなっているのではないかと思われます(`・ω・´)

地元の小学校の校歌に『山紫に千年の 杉にとどろく那智の滝♪』というフレーズがあります。
また、町内には『杉の木』という名称のバス停も! 
うっそうと繁った杉の木と熊野古道は、昔から鉄板の組み合わせだったんでしょうね(*’ω’*)

【ご近所探検001】足湯~海乃湯~のご案内

9月になりましたが、全然涼しくなりませんね~(´・ω・`)
シルバーウィークぐらいには過ごしやすくなってる…… といいなぁ。

さてさて、今回から始まりました「ご近所探検シリーズ」
館内探検シリーズと並んで、(ブログネタがない時の話題として)近辺の観光~単なる面白シーンまで、幅広くとりあげる予定です。
第一回はオーソドックスに、足湯のご紹介をしたいと思います!

南紀勝浦は、ご存知、温泉とマグロと世界遺産の町。
特に温泉は、入浴施設のほか温泉付の住宅地や、道端に温泉がわいているところも複数あったりで、地元民にもかなり身近な存在です。

今回ご紹介するのは、2006年に完成した足湯「海乃湯」ですヽ( ´▽`)ノ
勝浦駅~漁港周辺には3箇所の足湯があるのですが、一番広いのがここ「海乃湯」。
(総面積100平方メートルあるそうです)
勝浦漁港のすぐ横にあります♪
足湯の他、手湯もありまして(もちろん同時に使えます)勝浦漁港を眺めながら温泉を楽しめるようになっています。

足湯:海の湯

初めて見たときは
(足湯はともかく、手湯って気持ちいいものなの?)Oo。(´・ω・`)
と思いましたが、これが意外と気持ちいいのです。
何だかさっぱりした気分になります。

足湯:海の湯

足の血行がよくなると、体中の血の巡りもよくなるといいますよね!
これから少しずつ涼しくなってきて、温泉が楽しめる季節になります。
当館のお風呂もオススメですが、お散歩がてら足湯もいかがですか?

◆◆◆足湯「海乃湯」
・場所:勝浦漁港すぐ前
・ご利用可能時間:6時~22時(22時にお湯が止まります)
・料金:無料
・トイレがすぐそばにあります
・かつうら御苑からの所要時間:徒歩30分程度