スタッフブログ

「観光情報」の記事一覧

にぎわい市場レポート:その2

今月6月23日にオープンしました「勝浦港にぎわい市場」レポート第2弾!

本日ご紹介するのはこちら。「山利」さんのしらすかき揚げ丼です!
うちのフロントスタッフ(先日とは別の若い女子)が食べてきました。
こちらのお店はしらすを使ったメニューが何品かあるのですが、正直なところ「南紀勝浦=まぐろ」なのに、何でここにしらす!?と、ちょっと異彩を放つ存在です。

しらすかき揚げ丼※しらすかき揚げ丼(1,000円) / にぎわい市場内「山利」※

★実際に食べたスタッフの感想★
めっちゃサクサク! 衣が軽いです!
かき揚げにもしらすが入ってるですけど、かき揚げの上にも釜揚げしらすが乗っていて美味しいです!
かき揚げの玉ねぎも自然な甘みがあります。
ただ、すごくボリュームがあって、女子には量的にちょっときついかもしれません。
私は食べたけど。

……何だかすごく美味しかったみたいです。
南紀にお越しの際は立ち寄ってみてください。
お泊りはかつうら御苑で!

 

◆◆◆勝浦漁港にぎわい市場
かつうら御苑からの所要時間:徒歩20分程度/車5分弱
所在地: 〒649-5335 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地7丁目12番地
TEL: 0735-29-3500
営業時間:8時~15時(飲食ブースのラストオーダーは14時30分)
休館日:毎週火曜日

勝浦漁港にぎわい市場公式WEBサイト
http://nigiwaiichiba.com/

にぎわい市場レポート:その1

昨日6月23日にオープンしました「勝浦港にぎわい市場」レポート!
スタッフがお昼休みにめいめい見学(という名の昼食)に行ってますので、小分けに写真をアップしていきたいと思います。

さてさて、第1弾の今日ご紹介するのはこちら。
「鮪の脇口」さんのまぐろアボガド丼です。美味しそう!
うちのフロントスタッフ(若い女子)が「インスタ映えしそう」と選んだ一品です。
普通のまぐろ丼も食欲をそそる色合いではありますが、アボガドの緑と鮪の赤がいい感じに写真映えしますね(*´ω`*)

まぐろアボガド丼※まぐろアボガド丼(800円) / にぎわい市場内「鮪の脇口」※

★実際に食べたスタッフの感想★
鮪とアボガドとトロロのねっとり感と旨みが口内に広がって美味しかったです。
アボガドは元々味の濃い食材ですが、酢をベースにしたドレッシングがかけられていて、後味はさっぱりしていました。
黒ゴマやアボガドなど、美容にいいものが入っているのも女子的におすすめポイントです。

お泊りはかつうら御苑で!

 

◆◆◆勝浦漁港にぎわい市場
かつうら御苑からの所要時間:徒歩20分程度/車5分弱
所在地: 〒649-5335 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地7丁目12番地
TEL: 0735-29-3500
営業時間:8時~15時(飲食ブースのラストオーダーは14時30分)
休館日:毎週火曜日

勝浦漁港にぎわい市場公式WEBサイト
http://nigiwaiichiba.com/

6/23に勝浦漁港にぎわい市場がオープン!

勝浦漁港にぎわい市場

来たる6月23日(土)かつうら漁港そばの「勝浦漁港にぎわい市場」がオープンいたします!

生まぐろの水揚げ量日本一で知られる「かつうら漁港」でまぐろを心ゆくまで堪能しよう★
勝浦漁港にぎわい市場では、直売コーナー・テナントコーナー・飲食コーナー・イベントコーナーの4つのコーナーを設置し、直売コーナーでは新鮮な生マグロや地元の新鮮野菜・水産加工品などが、テナントコーナーでは8店舗が出店しマグロ料理やお寿司などが販売されます。
ウッドデッキの飲食コーナーではテナントで買ったものをその場でご賞味いただけます。
豪快なまぐろの解体ショーも毎日開催予定です!

6月23日のオープニングイベントでは大阪住みます芸人のspan!さんや地元出身のシンガーソングライター・丸石輝正さんが出演します。
もちろんイベントの最後は餅ほりですヽ( ´▽`)ノ

勝浦漁港にぎわい市場

6月21日のプレオープンは生憎の雨模様でしたが、開放的な雰囲気は感じていただけるかと!

勝浦漁港にぎわい市場

いい感じに脂ののったまぐろ!

勝浦漁港にぎわい市場

お土産物コーナーもあります★

 

◆◆◆勝浦漁港にぎわい市場
かつうら御苑からの所要時間:徒歩20分程度/車5分弱
所在地: 〒649-5335 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地7丁目12番地
TEL: 0735-29-3500
営業時間:8時~15時(飲食ブースのラストオーダーは14時30分)
休館日:毎週火曜日

style=”color: #008000;”>勝浦漁港にぎわい市場公式WEBサイト
http://nigiwaiichiba.com/

パワースポットへ!那智大社ご本殿参拝

めっきり涼しくなってきて、温泉が恋しい季節になりましたが、みなさま体調など崩されていませんか?
私は休みの日は近辺の温泉巡りをしています。
かつうら御苑の温泉も入りたいのですが、すっぴんを見られるわけにも行かないので避けています(笑

さてさて、本日は世界遺産・熊野那智大社のご本殿のご紹介をしたいと思います。
熊野本宮大社、熊野早玉大社と並んで、熊野三山としても知られる熊野那智大社。
一般的に参拝されているのは「拝殿」で、奥にあります「本殿」はご神域ということで、普段は入ることができません。

しかしながら!

今年は「御壮健1700年記念」の白玉石奉納(初穂料1000円)をすると、お祓い後、神職さんのご案内のもと、拝殿横の本殿へ入れてもらえるんです!
当館のスタッフが参拝してきたのですが、神職の方の詳しい説明もあり、貴重な体験をしたと喜んでおりました。

静かで神秘的な雰囲気はどの季節に行っても感じられますが、おすすめはやっぱり桜の季節。
本殿前の内庭には、後白河法皇御手植えと伝えられる、枝垂桜が綺麗です。
花は小さい種類なのですが、上品な印象です。
鳥居近くにある秀衡桜も見ごたえがありますので、ぜひ。

熊野那智大社にお越しの際は、かつうら御苑へ。

◆◆◆熊野那智大社
かつうら御苑からの所要時間……お車で25分程度

 

ブルービーチ海開き!

本日はブルービーチ那智の海開きでした!

ブルービーチ那智

「ブルービーチ那智」は、環境省が選ぶ「快水浴場100選」でも12ヵ所しかない”特選”に選ばれている、県下最大の海水浴場です。
800メートルほど続く砂浜と、綺麗な水が自慢!(`・ω・´)
昔は「那智海水浴場」といったのですが、1999年「南紀熊野体験博」の開催を機に改名しました。

◆◆◆ブルービーチ那智
◆開設期間:7月8日(土)~8月27日(日)
◆西側(天満側)と東側(那智漁港側)にそれぞれ駐車場と更衣室建物あり
◆駐車場:遊泳場の開設期間中は有料500円、それ以外の期間は無料
◆建物内設備:トイレ、更衣室、シャワー、有料コインロッカー
 
かつうら御苑からの所要時間:徒歩15分程度(お車では2分程度)

またこの時期、ブルービーチでは期間限定イベントも開催予定です♪

エアースライダー◆世界最大級のエアースライダー
設置期間:2017年8月5日(土)~8月16日(水)
利用時間:9:30~16:00
利用料金:1日すべり放題500円
※有料駐車場をご利用の方は、1名様無料

>SUP◆SUP(スタンドアップパドルボード)体験
期間:平成2017年7月8日(土)~8月27日(日)
※平日は予約制
時間:9時~16時(受付16時まで)
参加資格:中学生以上(小学生以下は保護者同伴)
場所:ブルービーチ那智 東側
料金:30分 1,000円  1時間 2,000円
※1時間後の延長は30分毎500円(保険加入済)
詳しくは那智勝浦町観光協会まで
TEL.0735-52-5311 / FAX.0735-52-0131

夏と言えばやっぱり海!
みなさまぜひ遊びに来てください(*´ω`*)

追伸:かつうら御苑のプールは7月15日午後から営業開始です!

茶畑がきれいです(*’ω’*)

みなさまGWはいかがお過ごしでしたか?
那智勝浦町のお茶の産地・色川地区では、お茶畑の色鮮やかな新芽がとっても綺麗です(*’ω’*)
※色川では「ちゃばたけ」ではなく「ちゃばた」といいます。

ちなみに……この茶畑にたっているプロペラ、用途は何だと思いますか?

実はこれ、夜露を吹き飛ばすプロペラなんです。
お茶の新芽に夜露がつくと痛みますもんね~(´・ω・`)
夜は電動で動いているので、割と音が響きます。(犬がよく鳴きます)

近辺の海水浴場2◆玉の浦海水浴場

週末は晴れ間が続くそうで、お出かけ日和みたいですね。
本日も昨日に引き続き、近辺の海水浴場をご紹介いたします。
第2回はこちら!「玉の浦海水浴場(たまのうらかいすいよくじょう)」です!
メジャー度で行けば、今回は太地町の「くじら浜海水浴場」なのですが、玉の浦が個人的に好きなので……(*´ω`*)

玉之浦海水浴場

※写真は那智勝浦町役場公式サイトからお借りしました
地元での通称は「粉白(このしろ)の浜」「下里の浜」など……(*’ω’*)
ブルービーチと違って、海の家などの観光向け施設は一切ないのですが、ここのいいところは、とにかく遠浅!
(逆に言えば、すぐ泳ぎたい方にとってはなかなか泳げる深さのところに行けないという……)

快水浴場100選・特選のブルービーチと比べても、水や砂の美しさは遜色ありません。
海の家などがない分、静かですし、水の綺麗な遠浅の浜は、特に小さなお子様連れの方にお勧めです(*’ω’*)
私も子供のころは家族でよく行きました!
近辺にはお店がありませんので、お飲物などは事前にご用意なさってください。
また、海水浴場内でのキャンプ及びバーベキューは禁止ですのでご注意くださいませ。

◇名称:玉の浦海水浴場
◇場所:那智勝浦町内下里(JR下里駅から徒歩15分/バス停「粉白」すぐ前)
◇かつうら御苑からの所要時間:お車で15~20分
◇海開き…7月15日(金)(遊泳期間は8月14日まで)
◇無料の設備…シャワー(冷水のみ)・トイレ・更衣室
◇有料の設備…駐車場(500円)
◇お問い合わせ先…那智勝浦町観光協会(電話 0735-52-5311)

★おすすめポイント★
※とにかく遠浅!
※すぐ近くには日本一短い川「ぶつぶつ川」があります

近辺の海水浴場1◆ブルービーチ那智

いよいよ7月も間近ですね。
南紀勝浦といえば世界遺産・熊野古道や温泉、まぐろなど色々ありますが、夏はやっぱり海水浴ではないでしょうか(*´ω`*)
ということで、海水浴シーズンに向けて、近辺の海水浴場をご紹介していこうと思います。

ブルービーチ那智

第一回にご紹介するのはこちら! 「ブルービーチ那智」です。
地元での通称は「那智の浜」(*’ω’*)
環境省が選ぶ「快水浴場百選」の中でも12ヵ所しかない『特選』に選ばれた、800メートルほどの砂浜が続く、県下最大の海水浴場です。

1999年に開催された「南紀熊野体験博」を機に、遊歩道が整備され、名称も「那智海水浴場」→「ブルービーチ那智」に改められた経緯があります。
花火大会をはじめ、夏のイベントのほとんどはこのブルービーチで開催されます。

◇名称:ブルービーチ那智
◇かつうら御苑からの所要時間:お車で5分弱
◇海開き…7月3日(日)
◇無料の設備…シャワー・トイレ・更衣室
◇有料の設備…駐車場(約250台駐車/2015年の料金:700円)

★おすすめポイント★
※8月1日(月)〜8月15日(月)の間、世界最大級のエアースライダー(滑り台)が登場します♪
※ブルービーチ那智の裏手には、町立の公衆浴場「丹敷の湯」があります。

【ご近所探検007】ブルービーチ那智へ行こう♪

ブルービーチ那智

今日は炎天下のもと、WEB掲載用の写真撮影で、ブルービーチ那智に行ってきました。

1999年に開催された『南紀熊野体験博』を機に「那智の浜」から「ブルービーチ那智」に改名しまして、遊歩道などが整備されました。
(でも地元の人は今でも『那智の浜』と呼びます)

和歌山県の海水浴場といえば白浜温泉の『白良浜』が有名ですが、ブルービーチは県下最大。
白良浜のように白い砂ではありませんが、水も砂も綺麗ですよ~(*’ω’*)

ブルービーチ那智

泳げる時期以外でも、遊歩道が意外といい感じかもしれません。
毎年8月11日に開催される花火大会の会場もここなのですが、屋台はこの遊歩道沿いに並びます。
遊歩道を行ったり来たりしつつ、買い食いと花火鑑賞をするわけですね(*´ω`*)
あ、もちろん当館からも花火はご覧いただけますよ~!

ブルービーチ那智

ブルービーチ那智

ちなみにかつうら御苑はこのあたりに見えます。
徒歩ですと20分ぐらいの距離でしょうか?
海開きは7月3日ですので、みなさまぜひ海水浴もお楽しみくださいませ。

【ご近所探検006】海辺をお散歩♪弁天島

今日は久しぶりの「ご近所探検シリーズ」行ってみたいと思います!ヽ( ´▽`)ノ
ちょっとその辺ブラブラしたいんだけど…… って方にお勧めの散歩コースのご案内です。
当館の客室の窓から右手にちょっとだけ見えてます赤い鳥居のある島。
時々お客様からも「あれ何ですか?」とお問い合わせをいただきます。
あれは「弁天島」といいまして、その名の通り弁天様を祀っている祠があります。

弁天島

では行ってみましょう( ´▽`)ノ
かつうら御苑の裏手の海沿いの通りを右に200メートル程度。
潮風が心地いい通りです。
この通りだけをブラブラされているお客様もいらっしゃいます。
この通りを抜けた後、ホテル一の滝さんの前を通り抜けると、目的地の弁天島が見えてまいります。

弁天島

ここ、干潮の時しか渡れないのです(*’ω’*)
金田○少年とかコ○ンがいたら、確実に殺人事件の舞台になりそうな感じです。
今回は渡って写真を撮りたかったので、干潮に合わせて行ってみました。

弁天島

……とはいえ、ちょっと行くのが遅かったので、渡っている最中に潮が満ちてきました。
これは急がねば!!(;´Д`)

弁天島

目的地到着 ヽ( ´▽`)ノ
ここでは「白蛇弁天」を祀ってまして、金運アップ・航海安全のご利益があるそうです。
私もお参りしてきました。
給料があがりますように これからも多くのお客様がお越しくださいますように(*´人`*)

弁天島

↑《おまけ》弁天島から見たかつうら御苑