「2015年10月」の記事一覧

補陀洛山寺のご本尊公開

涼しくて湿度の低い、過ごしやすい日が続いてますね(*´ω`*)
今日ご紹介したいのはこれ、すでに開催中なのですが……
世界遺産の一つ「補陀洛山寺(ふだらくさんじ)」でご本尊が特別公開中です。

補陀落山寺

◆「補陀落渡海(ふだらくとかい)」とは……
南の海の果てにあると信じられた、観音菩薩の住まう「補陀落浄土」を目指して船出すること。
約30日分の食糧が積まれた小船の船室に、補陀洛山寺の住職が入り、扉に釘を打ち、出られないようにしたうえで海にでます。
(江戸時代になると、生きたままではなく、遺体を乗せて流す形式に変化したそうです)

井上靖の短編集にも取り上げられているので、ご存知の方も多いかもしれません。
そんな、現代人にはちょっと怖い「補陀落渡海」が行われていた補陀落山寺で、ご本尊の「三貌十一面千手千眼観世音菩薩」が特別公開中です。
係員の方が説明もしてくれるそうです。
地元民的には、熊野古道や那智の滝と比べるとマイナー感ただよう補陀洛山寺ですが、独特の風習や信仰には興味深いものを感じます。

私も行きたいんですけど、2名以上じゃないと予約できないんですよね……。
家族も友達も「歴史とか別にいいよ……」な人ばかりで、仲間がいません!(><
どなたか一緒に行きませんか~(*’ω’*)

◆◆◆補陀洛山寺本尊「三貌十一面千手千眼観世音菩薩」特別公開
・期間:2015年10月1日(木)~2016年3月31日(木)
・実施時間:8時30分~15時30分
・連絡先:補陀洛山寺 電話:0735-52-2523(要予約・前日16時まで)
・所要時間:30分~40分
・受入可能人数:2名~80名
・利用料金:500円
※かつうら御苑からの所要時間:車で5分程度