お燈まつり

三連休に入りましたが、皆様ごいかがお過ごしですか?
今年は暖冬らしいですが、やっぱり寒いですよね~。

お燈祭り

さてさて、本日ご紹介しますのは、お隣の新宮市で有名な「お燈まつり(おとうまつり)」です。
お燈まつりは、熊野速玉大社の摂社である「神倉神社(かみくらじんじゃ)」の例祭(*’ω’*)
当日は白装束の「上り子」(男性限定)が、神倉山中腹にある神倉神社に集結し、その後、燃え盛る松明をかついで石段を駆け下ります。

この石段、かなり角度が急でして、登るときなんか「這い登る」という言葉の方が近いぐらいなんですよ!
何で駆け下りることができるんだろう(´□`|||)

また、上り子には、お燈まつりの日は色の付いたものを食してはいけないという決まりがありまして、私が通っていた高校では、大根おろしや豆腐のついた「お燈まつり用の食事」が学食で用意されていました。
大勢の上り子が松明を持って駆け下りる様子は、遠目にはさながら『炎の川』のようです。
機会があればぜひ見に行ってみてください(*’ω’*)

◆◆◆お燈まつり
開催日時:2月6日(土)夜
開催地:新宮市神倉神社
かつうら御苑からの所要時間:贈るまで20分程度