あげいん熊野詣にいってきました!

今日は「第29回あげいん熊野詣」が開催されました♪

※「あげいん熊野詣」とは……
平安時代から鎌倉時代にかけて「熊野詣」が大流行し、上下貴賤男女を問わず大勢の人々が列をなして熊野に詣でました。 参詣者の列は「蟻の熊野詣」とたとえられる程だったそうです。
「あげいん熊野詣」は、そんな熊野詣の時代行列を、かつての衣装そのままに再現するイベントです。

時代衣装をまとって行列をなし、熊野古道「大門坂」を歩き、熊野那智大社、那智山青岸渡寺、那智の滝を詣でて、いにしえの熊野詣を再現します。
もちろん撮影に行ってきましたよ~(*´ω`*)

あげいん熊野詣

お天気もよくて、まさに熊野古道散策日和♪
大門坂駐車場を出発して、熊野古道・大門坂を登っていきます。

あげいん熊野詣

平安時代の女房衣装の方が一番多かったですが、公家スタイルや武士スタイル、修験者スタイルの方もいらっしゃって、見物するほうも楽しめました。
木漏れ日が平安衣装におちて、とても綺麗でしたよ~。

あげいん熊野詣

たくさん写真を撮ったんですけども、掲載するのにお顔の写ってないものを……となると、似たような構図の写真ばかりになってしまいます(;´Д`)
余談なうえに私事ですが、大門坂茶屋の女将さんが元々小学校のときの恩師です。
撮影にいった先で久しぶりに先生に会えて、お話もできて幸せな気分になりました(*´ω`*)
茶屋の中も撮影させて頂いたり、体験衣装を見せて頂いたりもしたので、またこちらで紹介したいと思います♪