【熊野古道を歩こう】15~十一文関所跡

2日ほど続いた雨も上がって、今日は久しぶりの青空!
水不足も困りますが、やっぱり晴れた日は気分が良いですね(*´ω`*)

さてさて、国道42号線から那智の滝方面へのびる「県道46号線」に沿ってご紹介していく、【熊野古道を歩こう】シリーズ。
今回ご紹介するのは、前回ご案内しました南方熊楠の滞在跡地の向かい側にあるここ「十一文関所跡」です。

十一文関所跡

ご存知の方も多いとは思いますが、関所とは、交通の要所に設置された、徴税や検問のための施設です。
県道46号線には「川関」「井関」といった『関』のつく地名が残っていますが、ここらにも関所があったからだといわれています。
熊野詣に来る人を対象に、数キロごとに通行料を徴収していたんですね(|||´Д`)

この関所は「十一文関」といいまして、那智勝浦町のお隣にある新宮市の前身「州新宮藩」が管理していました。
新宮藩は、紀州徳川家の家老を代々務めていた水野家の所領で、現在も新宮市には、丹鶴城(たんかくじょう)というお城跡があります。
(春になると桜が綺麗ですよ~!)

……話がそれました。
熊野詣の様子を描く『那智曼荼羅』には、関所でお金がなくて立ち往生する人、関所入口で貴族の行列に自分を売り込む人など、生々しい様子が描かれています。
これ、昔は庶民が貴族に助けを求めてるのかなと思ってたのですが

◎お金がない人は貴族の参拝行列に荷物持ちとして雇ってもらって関所を通れる
◎貴族はお金のない人に仕事を与えて熊野詣をさせることで、功徳を積む=極楽への道が開ける

ということで、ちゃんとWin-Winの関係が成り立っているのだそうです。
へえ~( ゜□ ゜)
次回は神界と俗世の境目をご紹介しようと思います♪