【初詣に行こう:02】那智山青岸渡寺

初詣に行ける近場の神社仏閣をご紹介する「初詣に行こうシリーズ」。
本日ご紹介するのは、西国三十三番札所の一番札所としても有名な「那智山青岸渡寺(なちさんせいがんとじ)」です。
天台宗の寺院で、ご本尊は如意輪観世音菩薩になります。
ここも世界遺産の一つに含まれてるんですねぇ(*’ω’*)

那智山青岸渡寺

伝承では仁徳天皇の時代(4世紀)、天竺(インド)から渡来した裸形上人による開基とされ、同上人が那智滝の滝壺で得た金製の如意輪観音を本尊として安置したといわれています。

中世から近世にかけては、隣接する熊野那智大社とともに神仏習合の修験道場でしたが、明治時代に神仏習合廃止令で神社とお寺に分離しました。
「本堂」は推古天皇の時代に創建されたといわれていますが、現在までに数回改築されています。
現存の本堂は、織田信長の軍勢に焼き討ちされた後、豊臣の弟・秀長が再建させたものです。

歴史的には熊野那智大社と同じぐらい古いはずなのですが、見た目の雰囲気は青岸渡寺のほうが古く感じます。
熊野那智大社とは隣接していますので、一緒に参詣頂けます(*’ω’*)
お正月にお越しのお客様は、ぜひ行って見て下さい。

◆◆◆那智山青岸渡寺
場所:那智勝浦町那智山(500段近い石段を登ります)
かつうら御苑からの所要時間:お車で15~20分程度